ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

unifit

連続一様パラメーター推定値

構文

[ahat,bhat] = unifit(data)
[ahat,bhat,ACI,BCI] = unifit(data)
[ahat,bhat,ACI,BCI] = unifit(data,alpha)

説明

[ahat,bhat] = unifit(data) は、data のデータが与えられたとき、一様分布のパラメーターの最尤推定値 (MLE) を返します。

[ahat,bhat,ACI,BCI] = unifit(data) は、95% 信頼区間 ACIBCI も返します。これらは行数が 2 の行列です。1 番目の行には、行列 data の各列について区間の下限が格納されます。2 番目の行には、区間の上限が格納されます。

[ahat,bhat,ACI,BCI] = unifit(data,alpha) は、alpha を使用して信頼度を制御します。たとえば、alpha = 0.01 である場合、ACIBCI は 99% 信頼区間です。

r = unifrnd(10,12,100,2);
[ahat,bhat,aci,bci] = unifit(r)
ahat =
  10.0154  10.0060
bhat =
  11.9989  11.9743
aci =
  9.9551  9.9461
  10.0154  10.0060
bci =
  11.9989  11.9743
  12.0592  12.0341

R2006a より前に導入