ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

binopdf

二項確率密度関数

構文

Y = binopdf(X,N,P)

説明

Y = binopdf(X,N,P) は、N に含まれている対応する試行数と P に含まれている各試行の成功確率を使用して、X の各値における二項確率密度関数を計算します。YN、および P は、同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。スカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。

N のパラメーターは正の整数であり、P の値は区間 [0, 1] 内に存在しなければなりません。

値 x が与えられ、n および p のパラメーターのペアが与えられている場合、二項確率密度関数は次の式で表されます。

y=f(x|n,p)=(nx)pxq(nx)I(0,1,...,n)(x)

ここで q = 1 – p です。結果 y は、"任意" の試行における成功確率が p の独立試行を n 回行ったとき、x 回の成功を観測する確率を表しています。インジケーター関数 I(0,1,...,n)(x) により、x が 0, 1, ..., n の値のみをとることを保証します。

ある品質保証検査官が 1 日に 200 枚の回路基盤を検査するとします。基板の 2% が欠損しているとすると、任意の日に検査官が故障した基板を 1 つも見つけない確率はどのくらいでしょう。

binopdf(0,200,0.02)
ans =
  0.0176

検査官が見つける可能性が最も高い故障した基板数はいくつになるでしょうか。

defects=0:200;
y = binopdf(defects,200,.02);
[x,i]=max(y);
defects(i) 
ans =
  4

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入