ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

binoinv

二項累積分布逆関数

構文

X = binoinv(Y,N,P)

説明

X = binoinv(Y,N,P) は、X で評価された二項累積分布関数が Y に等しいか、それ以上になる最小の整数 X を返します。P をそれぞれの試行で成功する確率としたとき、YN 回の独立試行で X 回の成功が観測される確率と考えることができます。各 XN 以下の正の整数です。

YN、および P は、同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。スカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。N のパラメーターは正の整数であり、P および Y の値は両方ともは区間 [0 1] 内に存在しなければなりません。

ある野球チームが、半々ぐらいの比率で試合に勝つとすると、1 シーズン 162 試合のうち、このチームが勝つ試合数の範囲はどのくらいが妥当でしょうか。

binoinv([0.05 0.95],162,0.5)
ans =
    71    91

この結果は、野球シーズンの 90% で、確率 0.500 のチームが 71 から 91 試合に勝つことを意味しています。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入