最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

string データ

テキストベースの値

string はテキスト データの一部です。C をアクション言語として使用する Stateflow® チャートで string を使用して、チャート動作の制御や自然言語出力の作成を行います。string データを、ログ、メッセージ、カスタム コードのワークフローに組み込みます。

Stateflow の構文

すべて展開する

ascii2struint8 型の配列を string に変換する
str2asciistring を uint8 型の配列に変換する
str2doublestring を倍精度値に変換する
strcatstring を連結する
strcmpstring を比較する
strcpystring 値を割り当てる
strlenstring の長さを特定する
substrstring から部分文字列を抽出する
tostring数値を string に変換する

トピック

string を使用したテキスト情報の管理

C アクション言語チャートでテキスト文字列を使用する。

シミュレーション データ インスペクターへの string データのログ記録

シミュレーション データ インスペクターおよび MATLAB® ワークスペースでテキスト文字列を表示する。

string データを含むメッセージの送信

string ペイロードを含むメッセージを使用して、チャート間で通信する。

カスタム C コードとの string データの共有

Stateflow チャートとカスタム C コードの間で string データをやり取りする。

string を使用したメディア プレーヤーのシミュレーション

string データを使用してメディア プレーヤーをモデル化するチャートの動作を定義する。