Main Content

getParent

オブジェクトの親の特定

説明

parent = getParent(object) は、Stateflow® チャート、State Transition Table ブロック、Truth Table ブロック、または MATLAB® Function ブロック内のオブジェクトの親を返します。

すべて折りたたむ

このチャートに対応する Stateflow.Chart オブジェクトが ch であるとします。このチャートでは、ステート A1 の親はステート A です。ステート A の親はチャートです。

Stateflow chart with a hierarchy of states. The outer state is called A. It contains two inner states called A1 and A2.

A1 という名前の Stateflow.State オブジェクトを検索します。

sA1 = find(ch,"-isa","Stateflow.State",Name="A1");

ステート A1 の親を特定します。親の名前を表示します。

parent = getParent(sA1);
parent.Name
ans =

    'A'

ステート A の親を特定します。親の名前を表示します。

grandparent = getParent(parent);
grandparent.Name
ans =

    'Chart'

入力引数

すべて折りたたむ

Stateflow チャート、State Transition Table ブロック、Truth Table ブロック、または MATLAB Function ブロック内のオブジェクト。次のいずれかのタイプの Stateflow API オブジェクトとして指定します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入