Main Content

Stateflow.SLFunction

チャート、ステート、ボックス、または関数内の Simulink 関数

    説明

    Stateflow.SLFunction オブジェクトは、ステートと遷移のアクションにおいて Simulink® サブシステムの呼び出しを可能にする Simulink 関数を作成するために使用します。代表的な使用例は、以下のとおりです。

    • Simulink ブロックを必要とする関数の定義

    • 複数コントローラーの実行のスケジュール

    詳細については、Stateflow チャートでの Simulink 関数の再利用を参照してください。

    すべて展開する

    すべて折りたたむ

    R2008b で導入