Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Design Verifier ペイン: テスト生成

テスト生成ペインの概要

Simulink® Design Verifier™ による解析対象モデルのテスト生成方法を制御するオプションを指定します。

参考

テスト生成ターゲット

テスト生成のターゲットを指定します。

  • 既定の設定: [モデル] はモデルのテスト ケースを生成します。

  • [最上位モデルとして生成されたコード] では、最上位モデルとしてのターゲット向けのコードが生成され、続いて、生成されたコードを使用してテスト ケースが生成されます。

  • [モデル参照として生成されたコード] では、モデル参照としてのターゲット向けのコードが生成され、続いて、生成されたコードを使用してテスト ケースが生成されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVTestgenTarget
タイプ: 文字配列
値: 'Model' | 'GenCodeTopModel' | 'GenCodeModelRef' |

参考

モデル カバレッジ オブジェクティブ

Simulink Design Verifier が達成しようとするモデル カバレッジのタイプを指定します。

設定

既定の設定: 条件判定

なし

Test Objective ブロックなどを使用してモデル内で指定されたカスタムのオブジェクティブのみを達成するテスト ケースを生成します。

判定

判定カバレッジを達成するテスト ケースを生成します。詳細は、判定を参照してください。

条件判定

条件および判定カバレッジを達成するテスト ケースを生成します。詳細は、条件を参照してください。

MCDC

改良条件判定カバレッジ (MCDC) を達成するテスト ケースを生成します。MCDC を選択すると、Simulink Design Verifier は、判定および条件カバレッジに関して、すべてのカバレッジ オブジェクティブを自動的に有効にします。詳細は、MCDCを参照してください。

Enhanced MCDC

拡張 MCDC カバレッジを達成するテスト ケースを生成します。Enhanced MCDC を選択すると、Simulink Design Verifier は、MCDC カバレッジを自動的に有効にします。詳細については、拡張 MCDCを参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVModelCoverageObjectives
タイプ: 文字配列
値: 'None' | 'Decision' | 'ConditionDecision' | 'MCDC'| 'EnhancedMCDC'
既定の設定: 'ConditionDecision'

参考

テスト条件

モデル内の Test Condition ブロックを有効にするか無効にするかを指定します。

設定

既定の設定: ローカル設定を利用

ローカル設定を利用

各ブロックの [有効] パラメーターの値に基づいて、Test Condition ブロックを有効または無効にします。ブロックの [有効] パラメーターが選択されている場合、そのブロックは有効になります。そうでない場合、ブロックは無効になります。

すべて有効

モデル内のすべての Test Condition ブロックを [有効] パラメーターの設定にかかわらず有効にします。

すべて無効

モデル内のすべての Test Condition ブロックを [有効] パラメーターの設定にかかわらず無効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVTestConditions
タイプ: 文字配列
値: 'UseLocalSettings' | 'EnableAll' | 'DisableAll'
既定の設定: 'UseLocalSettings'

参考

テスト オブジェクティブ

モデル内の Test Objective ブロックを有効にするか無効にするかを指定します。

設定

既定の設定: ローカル設定を利用

ローカル設定を利用

各ブロックの [有効] パラメーターの値に基づいて、Test Objective ブロックを有効または無効にします。ブロックの [有効] パラメーターが選択されている場合、そのブロックは有効になります。そうでない場合、ブロックは無効になります。

すべて有効

モデル内のすべての Test Objective ブロックを [有効] パラメーターの設定にかかわらず有効にします。

すべて無効

モデル内のすべての Test Objective ブロックを [有効] パラメーターの設定にかかわらず無効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVTestObjectives
タイプ: 文字配列
値: 'UseLocalSettings' | 'EnableAll' | 'DisableAll'
既定の設定: 'UseLocalSettings'

参考

最大テスト ケース ステップ数

Simulink Design Verifier がテスト オブジェクティブを達成させようとするときに実施するシミュレーション ステップの最大数を指定します。

解析では、テスト生成解析の一定の部分で [最大テスト ケース ステップ数] パラメーターを使用して、テスト生成で使用するステップ数を制限します。このパラメーターに小さい値を設定すると、制限された解析の部分はより短時間で完了します。大きな値を設定すると、制限された解析部分には長い時間がかかりますが、解析のこれらの部分に対しより長いテスト ケースを生成することができます。

最適なパフォーマンスを達成するには、[最大テスト ケース ステップ数] パラメーターを、最長の必須テスト ケースを制限するのにちょうど足りるだけの値に、生成されるテスト ケースは最終的にこの値より長くなる場合もありますが、設定します。

また、[テスト スイートの最適化] パラメーターに [LongTestcases] を指定しても、テスト生成の連続的な受け渡しを使用して、より多くのオブジェクティブを達成させるように潜在的なテスト ケースが拡張されます。この場合、解析では [最大テスト ケース ステップ数] パラメーターがテスト生成の個々の反復に適用されます。

設定

既定の設定: 10000

Simulink Design Verifier がテスト オブジェクティブを達成させようとするときに実施するシミュレーション ステップの最大数を表す値を指定できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVMaxTestCaseSteps
タイプ: int32
値: 任意の有効な値
既定の設定: 10000

参考

テスト スイートの最適化

テスト ケースの生成時に使用する最適化手法を指定します。

設定

既定の設定: Auto

Auto

解析のパフォーマンスと精度を向上するために、モデルに自動的に適応する手法を使用して、モデルを解析します。

IndividualObjectives

それぞれが 1 つのテスト オブジェクティブのみを処理するテスト ケースを生成することで、スイート内のテスト ケース数を最大限にします。それぞれのテスト ケースはおおむね短くなり、含まれるタイム ステップ数はほんの数個になります。

LongTestcases

テスト ケースをまとめて、より少ない数のテスト ケースを作成します。この手法では、生成されるテスト ケースは少なくなりますが、長くなり、それぞれが複数のテスト オブジェクティブを達成させます。

Legacy LargeModel (Nonlinear Extended)

モデルに適応しない静的な手法を使用してモデルを解析します。[Legacy LargeModel (Nonlinear Extended)] を使用してモデルを解析すると、Simulink Design Verifier には、このオプションは旧式のため、Auto の使用を推奨する警告メッセージが表示されます。[Auto] を設定すると、[Legacy LargeModel (Nonlinear Extended)] よりも良い解析結果が得られる可能性が高くなります。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVTestSuiteOptimization
タイプ: 文字配列
値: 'Auto' | 'IndividualObjectives' | 'LongTestcases' | Legacy LargeModel (Nonlinear Extended)
既定の設定: 'Auto'

参考

関係演算子境界オブジェクティブを含める

関係演算子の境界オブジェクティブを達成するテスト ケースを生成するように指定します。このオブジェクティブは、Relational Operator などの、明示的または暗黙的な関係演算をもつブロックに適用されます。このテストは、次を使用してこれらのブロックにある関係演算をチェックします。

  • 整数および固定小数点オペランドについて等しいオペランド値。

  • すべてのオペランドについて特定許容誤差に収まるオペランド値。整数および固定小数点オペランドの場合、許容誤差は固定されます。浮動小数点オペランドの場合、ユーザーが指定する入力と許容誤差値を使用して許容誤差が計算されます。許容誤差値を指定しない場合、既定値が使用されます。

設定

既定の設定: オフ

オン

サポートされるブロックについて、関係演算子の境界オブジェクティブを満たすテスト ケースが生成されます。

オフ

テスト ケースの生成で、関係演算子の境界オブジェクティブは無視されます。

依存関係

このオプションを選択した場合、既定値を使用するか、次の値を指定できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVIncludeRelationalBoundary
タイプ: 文字配列
値: 'on'|'off'
既定の設定: 'off'

参考

浮動小数点の絶対許容誤差

関係演算子の境界テストで使用される絶対許容誤差の値を指定します。関係演算子の境界オブジェクティブは、Relational Operator などの、明示的または暗黙的な関係演算をもつブロックに適用されます。この許容誤差値は、これらのブロックにある関係演算が浮動小数点オペランドを使用する場合のみ適用されます。

  • 整数オペランドの場合、許容誤差値は 1 に固定されます。

  • 固定小数点オペランドの場合、許容誤差値は最下位ビットになります。

設定

既定の設定: 1.0000e-05

サポートされるブロックについて、関係演算子の境界テストは、特定の許容誤差だけ異なるオペランドを使用してブロック内の関係演算をチェックします。ソフトウェアは、次の式を使って許容誤差を計算します。

max(absTol, relTol* max(|lhs|,|rhs|))。ここで次のようになります。

  • absTol はユーザーが指定する絶対許容誤差値です。

  • relTol はユーザーが指定できる相対許容誤差値です。

  • lhs は左側のオペランド、rhs は右側のオペランドです。

  • max(x,y) は、xy のうち値が大きい方を返します。

依存関係

このオプションの値を入力するには、関係演算子境界オブジェクティブを含めるを選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVAbsoluteTolerance
タイプ: double
値: 任意の有効な値
既定の設定: 1.0000e-05

参考

浮動小数点の相対許容誤差

関係演算子の境界テストで使用される相対許容誤差の値を指定します。関係演算子の境界オブジェクティブは、Relational Operator などの、明示的または暗黙的な関係演算をもつブロックに適用されます。この許容誤差値は、これらのブロックにある関係演算が浮動小数点オペランドを使用する場合のみ適用されます。

  • 整数オペランドの場合、許容誤差値は 1 に固定されます。

  • 固定小数点オペランドの場合、許容誤差値は最下位ビットになります。

設定

既定の設定: 0.01

サポートされるブロックについて、関係演算子の境界テストは、特定の許容誤差だけ異なるオペランドを使用してブロック内の関係演算をチェックします。ソフトウェアは、次の式を使って許容誤差を計算します。

max(absTol, relTol* max(|lhs|,|rhs|))。ここで次のようになります。

  • absTol はユーザーが指定する絶対許容誤差です。

  • relTol はユーザーが指定する相対許容誤差です。

  • lhs は左側のオペランド、rhs は右側のオペランドです。

  • max(x,y) は、xy のうち値が大きい方を返します。

依存関係

このオプションの値を入力するには、関係演算子境界オブジェクティブを含めるを選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVRelativeTolerance
タイプ: double
値: 任意の有効な値
既定の設定: 0.01

参考

厳密な伝播条件を使用

拡張 MCDC 解析に厳密な伝播条件を使用するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

拡張 MCDC 解析に厳密な伝播条件を使用します。

オフ

拡張 MCDC 解析に厳密な伝播条件を使用しません。

依存関係

このパラメーターは、[モデル カバレッジ オブジェクティブ] として [Enhanced MCDC] を選択した場合に有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVStrictEnhancedMCDC
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

既存のカバレッジ データを使用して拡張

既存のカバレッジ データをテストの生成に使用するかどうかを指定します。Simulink Design Verifier は、既存のカバレッジ データでカバーされていないオブジェクティブ向けのテスト ケースを生成します。

設定

既定の設定: オフ

オン

追加のテスト ケースを生成して [カバレッジ データ] のカバレッジを拡張します。

オフ

既存の [カバレッジ データ] は解析で無視されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVIgnoreCovSatisfied
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

カバレッジ データ

達成されたカバレッジ オブジェクティブに関するデータが含まれるファイル名およびフォルダーを指定します。

設定

既定の設定: ''

  • 達成されたカバレッジ オブジェクティブ データが含まれるファイル名およびフォルダーを指定します。

  • [参照] をクリックして、既存のファイルに移動して選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVCoverageDataFile
タイプ: 文字配列
値: 任意の有効なパスおよびファイル名
既定の設定: ''

参照

達成されたカバレッジ オブジェクティブに関するデータを含むカバレッジ ファイルを参照します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[既存のカバレッジ データを使用して拡張] を選択します。

参考

既存テスト ケースを使用した拡張

以前に生成されたテスト ケース、ハーネス モデルからログ記録されたテスト ケース、または閉ループ シミュレーション モデルをインポートして Simulink Design Verifier で生成されたテスト ケースのセットを拡張するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

[テスト データ] で指定されたテスト ケースを使用して、生成されたテスト ケースのセットを拡張します。

オフ

既存の [テスト データ] は解析で無視されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVExtendExistingTests
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

テスト データ

生成された、またはログに記録されたテスト ケース データを含む MAT ファイルのフォルダーおよびファイル名を指定します。

設定

既定の設定: ''

  • sldvData オブジェクトに記録されたテスト ケース データを含む MAT ファイルのフォルダーおよびファイル名を指定します。

  • [参照] をクリックして、既存のファイルに移動して選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVExistingTestFile
タイプ: 文字配列
値: 任意の有効なパスおよびファイル名
既定の設定: ''

参照

生成された、またはログに記録されたテスト ケース データ、および達成されたカバレッジ オブジェクティブに関するデータを含む MAT ファイルを参照します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[既存のテスト データを使用して拡張] を選択します。

参考

レポートで既存のテスト/カバレッジ データによって達成されたオブジェクティブを分離する

解析レポートで、既存のテストまたはカバレッジ データによって達成されたテスト オブジェクティブのステータスを、拡張されたカバレッジとテスト データから分離するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

既存のテストとカバレッジ データが拡張されたテストとカバレッジ データから分離された解析レポートを生成します。

オフ

既存分と拡張分のカバレッジとテスト データを結合したレポートを生成します。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVIgnoreExistTestSatisfied
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

参考

関連するトピック