Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Test Condition

テスト ケースでの信号値の制限

  • ライブラリ:
  • Simulink Design Verifier / Objectives and Constraints

  • Test Condition block

説明

Test Condition ブロックは、テスト生成モードで動作しているモデル内の信号のテスト条件を定義します (テスト ケースの生成とはを参照)。[値] パラメーターを使用して、信号値に関する制限を指定します。このブロックは、指定された [値] パラメーターを入力信号に適用し、テスト ケースの生成を試みます。

このブロックを使用すると次のことが可能です。

  • 条件を有効または無効にします。

  • Simulink® エディターで、ブロックの [値] パラメーターを表示するかどうかを指定します。

  • ブロックの出力端子を表示するかどうかを指定します。

Simulink および Simulink Coder™ を使用してコードを生成すると、Test Condition ブロックは無視されます。Test Condition ブロックは、モデルのシミュレーション中に信号を変更せず、信号のみを使用してテスト条件を生成します。

端子

入力

すべて展開する

Test Condition ブロックは、Simulink ソフトウェアがサポートするすべての組み込みデータ型の信号を受け入れます。サポートされているデータ型の詳細については、Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。このブロックは、複素数入力信号をサポートしていません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

Test Condition ブロックは、Simulink ソフトウェアがサポートするすべての組み込みデータ型の信号を返します。サポートされているデータ型の詳細については、Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

依存関係

この端子を有効にするには、[パス スルー スタイル (出力端子を表示)] を選択します。

パラメーター

すべて展開する

モデルのテストを生成するには、このパラメーターを選択します。このオプションをオフにすると、ブロックは無効になります。このオプションがオフになっている場合は、Simulink エディターでこのブロックがグレー表示になります。

ブロックが Test Condition ブロックまたは Proof Assumption ブロックのどちらとして動作するかを指定します。[Assumption] を選択すると、Test Condition ブロックが Proof Assumption ブロックに変換されます。

[値] パラメーターを使って、テスト ケースの信号値を制限します。MATLAB® の cell 配列形式で、スカラー値と間隔の組み合わせを指定します。詳細については、MATLAB コード ファイルでパラメーターの制約値を定義を参照してください。

あるいは、引数として単一値を受け入れる Sldv.Point コンストラクターを使用してスカラー値を指定することもできます。Sldv.Interval コンストラクターを使用して区間を指定することもできます。この場合、区間の上限と下限用に 2 つの入力引数が必要です。

たとえば、[値] パラメーター

{0, [1, 3]}

は、次のように指定します。

  • 0 — スカラー

  • [1, 3] — 閉区間

[値] パラメーター

{Sldv.Interval(0, 1, '[)'), Sldv.Point(1)}

は、次のように指定します。

  • Sldv.Interval(0, 1, '[)') — 左閉右開区間 [0, 1)

  • Sldv.Point(1) — スカラー

Test Condition ブロックに対して複数のスカラー値と間隔を指定した場合、Simulink Design Verifier™ ソフトウェアはテスト ケースの生成中に論理 OR 演算子を使って、これらの値を組み合わせます。その結果、ソフトウェアは、単一のスカラー値または間隔が満たされると、テスト条件全体が達成されたと認識します。

単一のスカラー値または間隔内では、論理 AND 演算によりテスト条件が生成されます。その場合、入力が条件を満たすためには、すべての信号が制約を満たさなければなりません。

たとえば、次のような 2 次元の開区間があるとします。

Sldv.Interval([-5 -5],[5 2],'()')

ゼロ ベクトル [0 0] は、ゼロの要素が区間 -55 および -52 の範囲内にあるため、条件を満たしています。

ベクトル [0 3] は、2 番目の要素である 3 が区間 -52 の外にあるため、条件を満たしていません。

Simulink エディターで、ブロックが [値] パラメーターの内容を表示するかどうかを指定します。

選択すると、ブロックは出力端子を表示し、入力信号をブロックの出力へパス スルーすることができます。選択されていない場合は、ブロックは出力端子を非表示にして、入力信号を終了します。

例: 次の図は、各ケースのブロックの外観を示しています。

[パス スルー スタイル]: 選択した場合

[パス スルー スタイル]: オフの場合

R2007a で導入