Main Content

Embedded Coder で生成されたコードのテスト ケースの生成

Embedded Coder® を使用して、ソフトウェアインザループ (SIL) モードに設定されているモデルからコードを生成する場合、Simulink® Coverage™ を使用して、生成コードのカバレッジ メトリクスを記録できます。ただし、100% のモデル カバレッジを達成できるテストでも、生成コードでは 100% のカバレッジが得られない場合があります。出力コードとモデルの間に次のようないくつかの違いがあると、コード カバレッジとモデル カバレッジを比較した場合にギャップが生じる可能性があります。

  • 追加のカスタム コード ファイル

  • 共有ユーティリティ ファイル

  • 次のようなコード変換

    • 式の畳み込み

    • 式の簡略化または展開

    • ルックアップ テーブルによる新しい判定点

Simulink Design Verifier™ を使用すると、生成コードのカバレッジを拡大するテスト ケースを生成できます。生成コードのテスト ケースは、Simulink Design Verifier API を使用してブロック線図から生成するか、Simulink Test™ テスト マネージャーから生成します。テスト ケースを生成する前に、少なくとも 1 回、カバレッジ結果を記録しなければなりません。

Simulink モデル ツールストリップから生成されたコードのテスト ケースの生成

モデルの SIL コード カバレッジを有効 (Simulink Coverage)にし、モデルをシミュレートしてコード カバレッジ データを記録した後、Simulink Design Verifier を使用して、生成コードの追加のテスト ケースを生成します。

  1. [Design Verifier] タブの [モード] セクションで、[テスト生成] を選択します。

    • 最上位モデルとして生成されたコード用のテストを生成するには、[ターゲット][最上位モデルとして生成されたコード] を選択し、[テスト生成] をクリックします。

    • モデル参照として生成されたコード用のテストを生成するには、[ターゲット][モデル参照として生成されたコード] を選択し、[テスト生成] をクリックします。

    Simulink Design Verifier のテスト生成は、選択したテスト生成モードに従って進行します。

最上位モデルとして生成されたコードとモデル参照として生成されたコードの違いの詳細については、以下を参照してください。

Simulink Design Verifier API を使用して生成されたコードのテスト ケースの生成

生成コードのテスト ケースをプログラムによって生成する方法の例については、コード カバレッジ テストの生成を参照してください。

Simulink Test テスト マネージャーから生成されたコードのテスト ケースの生成

Simulink Test テスト マネージャーを使用して、SIL モードに設定されているモデルのコード カバレッジを記録すると、生成コードのカバレッジをテスト マネージャーから直接、段階的に拡大できます。詳細については、テスト ケース生成を使用したテスト カバレッジの段階的な拡大を参照してください。

関連するトピック