Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジ

Embedded Coder®Simulink® Coverage™ がある場合は、ソフトウェアインザループ (SIL) シミュレーションまたはプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション時に、生成されたコードのカバレッジを解析できます。

モデルの SIL または PIL コード カバレッジの有効化

モデルの SIL または PIL コード カバレッジを記録するには、次の手順を実行します。

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの左側のペインで、[コード生成] をクリックします。リストから [検証] を選択します。

  2. [コードのプロファイリング] で、[関数の実行時間を計測する][オフ] に設定します。

  3. [SIL または PIL のコード カバレッジ] で、[サードパーティ ツール][なし (Simulink Coverage を使用)] に設定します。

  4. SIL または PIL モードのモデルまたは SIL または PIL モードの参照モデルのカバレッジを有効にします。

  5. SIL または PIL シミュレーションを実行します。

    メモ

    カバレッジ ツールストリップの [実行 (カバレッジ)] ボタンによりノーマル シミュレーションが実行され、SIL または PIL コード カバレッジは行われません。

SIL モードまたは PIL モードのモデルのカバレッジ結果の確認

コード カバレッジ レポート

コード カバレッジ レポートの各ハイパーリンクによって、モデルのカバレッジ解析のより詳細なレポートが開きます。これらのレポートのコード カバレッジ結果は、S-Function ブロック内のカスタム C/C++ コードのカバレッジ結果の参照で説明されているように、S-Function ブロックの C/C++ コードのカバレッジ結果と類似しています。詳細なコード カバレッジ レポート内のリンクを使用して、コード カバレッジ結果から関連するモデル ブロックに移動できます。

それぞれの詳細なコード カバレッジ レポートには、カバレッジ情報とともに構文が強調表示されたコードが含まれます。

コード ビュー

コード ビューにコード カバレッジ情報を表示するには、検索ボックスの右側にあるドロップダウン リストから [コード カバレッジを表示] を選択します。このオプションが無効にされている場合、[カバレッジ] タブで [カバレッジの強調表示] をクリックします。コードにコード カバレッジ情報を示す強調表示と注釈が表示されます。行番号、コード要素、およびコメント内のリンクを使用して、コードから関連するモデル ブロックに移動できます。

コード ビューの下部にあるカバレッジのセクションに、コード カバレッジ レポートの概要が表示されます。

制限

SIL モードおよび PIL モードのモデルのカバレッジには次の制限があります。

  • モデルはモデルの SIL または PIL コード カバレッジの有効化にリストされた要件を満たさなければならない。

  • コード カバレッジ結果で、読み取り専用フォルダーに外部の C/C++ ファイルが含まれていてはならない。

  • カバレッジ ツールストリップの [実行 (カバレッジ)] ボタンによりノーマル シミュレーションが実行され、SIL または PIL コード カバレッジは行われません。

関連するトピック