ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Coverage

モデルと生成されたコードでテスト カバレッジを測定

Simulink® Coverage™ はモデルおよびコードのカバレッジ解析を実行し、モデルと生成されたコードのテストの完全性を測定します。判定、条件、改良条件判定カバレッジ (MCDC) などの業界標準メトリクス、モデルのシミュレーション テストの有効性を評価する関係演算子境界カバレッジ、ソフトウェアインザループ (SIL)、およびプロセッサインザループ (PIL) を適用します。未達カバレッジ データを利用して、テストのギャップ、欠落した要件、または意図しない機能を見つけることができます。

Simulink Coverage はモデル、C/C++ S-Function、MATLAB® 関数、および Embedded Coder® により生成されたコードがどの程度実行されたかを示す対話型のレポートを生成します。ブロックおよびサブシステムのカバレッジ結果を強調表示し、テスト時のギャップを可視化できます。テストの完全性を評価するために、複数回テストを実行してカバレッジ データを蓄積できます。フィルターを適用してブロックをカバレッジから除外したり、レポートの未達カバレッジを正当化したりできます。

業界標準には、 DO Qualification Kit IEC Certification Kit によって対応しています。

Simulink Coverage 入門

Simulink Coverage の基礎を学ぶ

カバレッジ データの収集

テストされていない設計要素を示すために、モデルおよびコード カバレッジを測定します。

カバレッジ結果の評価

カバレッジ レポートの生成、モデルでのカバレッジ強調表示、カバレッジ収集結果のフィルター

カバレッジ ワークフローの自動化

モデル カバレッジ収集のカスタマイズと自動化

検証と確認

Simulink 製品を使用して、モデルとコードをテストし、設計エラーの有無をチェックし、標準に対するチェックを行い、カバレッジを測定し、システムを検証

ツールの検定と認定

DO および IEC 認定のための Simulink Coverage の検定