Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

Simulink Design Verifier ワークフローの概要

設計エラー検出、テスト ケース生成、およびプロパティ証明用にモデルを解析する前に、この図に示されているようにいくつかの手順を実行する必要があります。

Basic workflow for Simulink Design Verifier Analysis.

以降のセクションでは、Simulink® Design Verifier™ ワークフローの概要と Simulink Design Verifier の関連するドキュメンテーションへのリンクを示します。

モデルの互換性チェック

Simulink Design Verifier では、モデルを解析する前に、モデルが解析に対して互換性があるかどうかをチェックします。モデルの互換性の詳細については、モデルの互換性チェックを参照してください。ソフトウェアではモデルの互換性チェックが実行され、モデル表現が作成されます。モデル表現には、解析時に使用できるモデル アーティファクトが含まれています。互換性チェックにより、モデルに完全な互換性があるのか、部分的な互換性があるのか、互換性がないのかがわかります。

Simulink ではモデルのソフトウェアの機能を広くサポートしますが、Simulink Design Verifier ではサポートされない機能も一部あります。詳細については、Simulink Design Verifier でサポートされる/サポートされない Simulink ブロックおよびSimulink ソフトウェア機能のサポートの制限事項を参照してください。

ブロック置換ルールの適用

解析用に、モデルの互換性の制限を回避する場合またはモデル要素をカスタマイズする場合は、Simulink Design Verifier のブロック置換ルールを使用。詳細については、ブロック置換とはおよびサポートされていないブロックのブロック置換を参照してください。

解析時にモデルのパラメーターに対し値を追加生成する場合は、Simulink Design Verifier のパラメーター コンフィギュレーションを使用。詳細については、Parameter Configuration for Analysisを参照してください。

Simulink Design Verifier オプションの設定

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで Simulink Design Verifier の解析オプションを設定できます。あるいは、関数 sldvoptions を使用して、コマンド ラインで Simulink Design Verifier オプションを指定することもできます。詳細については、Simulink Design Verifier のオプションを参照してください。

モデルの解析の実行

以下についてモデルを解析できます。

モデルでテスト ケースの生成またはプロパティの証明を行う場合は、整数オーバーフローおよびゼロ除算について設計エラー検出を実行。詳細については、以下のトピックを参照してください。

解析結果の生成

Simulink Design Verifier でモデルの解析が完了すると、解析のハイライトおよび結果オプションが [結果の概要] ウィンドウに表示されます。詳細については、解析結果の生成を参照してください。

解析結果の解釈

解析結果を確認し、HTML、DOCX、または PDF 形式で解析レポートを生成できます。詳細については、解析結果のレビューを参照してください。

関連するトピック