Main Content

Simulink Design Verifier の基本的なワークフロー

モデルを解析するための基本的なワークフローの手順と関連するドキュメンテーションへのリンクを以下に示します。

手順アクション参照先

1

モデルの互換性のチェック。

モデルの互換性チェック

サポートされているブロックと機能の詳細については、Simulink Design Verifier でサポートされる/サポートされない Simulink ブロックおよびSimulink ソフトウェア機能のサポートの制限事項を参照してください。

2

解析用に、モデルの互換性の制限を回避する場合またはモデル要素をカスタマイズする場合は、Simulink® Design Verifier™ のブロック置換ルールを使用。解析時にモデルのパラメーターに対し値を追加生成する場合は、Simulink Design Verifier のパラメーター コンフィギュレーションを使用。

3

Simulink Design Verifier オプションの設定。

Simulink Design Verifier のオプション

4

モデルでテスト ケースの生成またはプロパティの証明を行う場合は、整数オーバーフローおよびゼロ除算について設計エラー検出を実行。

5

モデルを解析して次を処理。

  • 設計エラー検出

  • テスト ケースの生成

  • プロパティ証明

6

結果の生成。

解析結果の生成

7

結果の解釈。

結果の解釈および使用

参考

|

関連するトピック