Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テスト ケース生成のワークフロー

モデルのテスト ケースを生成するには、次のワークフローを使用します。

タスク説明

1

Simulink® Design Verifier™ での使用におけるモデルの互換性を検証します。

モデル例の互換性のチェック

2

オプションで、テスト生成アドバイザーを使用して、テストを生成するためのモデル コンポーネント (Atomic サブシステムおよびモデル ブロック) を選択できます。テストを生成する前に、この結果を使用してモデルをよりよく理解することができます。これは、大規模なモデルや複雑なモデル、テスト生成の互換性が確実に把握できていないモデルで特に便利です。

テスト生成アドバイザーによる解析可能コンポーネントの特定

3

モデル内に Stateflow® オブジェクトがある場合、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインで、[到達不能の実行パス][エラー] に設定します。

 

4

オプションで、テスト オブジェクティブおよびテスト条件を指定するブロックまたは MATLAB® 関数を含むモデルをインストルメント化します。

テスト生成のカスタマイズ

5

Simulink Design Verifier によるモデルのテスト ケース生成の方法を制御するオプションを指定します。

テスト生成オプションの構成

6

Simulink Design Verifier 解析を実行します。

モデル例の解析 および モデル例の再解析

7

解析結果をレビューします。

解析結果のレビュー

関連するトピック