Main Content

isPartitionable

クラス: matlab.io.datastore.SimulationDatastore
パッケージ: matlab.io.datastore

データストアが分割可能かどうかを判別

説明

tf = isPartitionable(ds) は、データストア ds が分割可能な場合は logical 1 (true) を返します。それ以外の場合、結果は logical 0 (false) です。

入力引数

すべて展開する

入力データストア。次のデータストアを入力として使用できます。

  • MATLAB® データストア — MATLAB の関数 datastore を使用して作成されたデータストア。データストアの完全な一覧については、ファイル形式またはアプリケーション用のデータ ストアの選択を参照してください。

  • 統合および変換を行ったデータストア — 関数 combine および transform を使用して作成したデータストア。

  • カスタム データストア — カスタム データストア フレームワークを使用して作成したデータストア。matlab.io.Datastore からサブクラス化されるデータストアで関数 isPartitionable がサポートされます。詳細については、カスタム データ ストアの開発を参照してください。

すべて展開する

この例では、シミュレーションのビッグ データが含まれる matlab.io.datastore.SimulationDatastore オブジェクトが分割可能かどうかを判別する方法を示します。

モデルからのビッグ データのログ記録

モデル例 sldemo_fuelsys を開きます。

open_system('sldemo_fuelsys')

[コンフィギュレーション パラメーター]、[データのインポート/エクスポート]、[データセットのデータをファイルにログ] を選択します。

set_param('sldemo_fuelsys','LoggingToFile','on')

モデルのシミュレーションを実行します。

sim('sldemo_fuelsys')

現在のフォルダーに MAT ファイル out.mat が表示されます。ファイルには、fuel (モデルのルート レベルにある) などのログに記録された信号のデータが含まれます。

コマンド プロンプトで、名前 sldemo_fuelsys_output でログ変数を参照する DatasetRef オブジェクトを作成します。

DSRef = Simulink.SimulationData.DatasetRef('out.mat','sldemo_fuelsys_output');

ビッグ データのプレビュー

中かっこ ({}) を使用して信号要素 fuel を抽出します。この信号要素は、SimulationDatastore オブジェクトを含む・Simulink.SimulationData.Signal オブジェクトとして、DSRef の 10 番目の要素になります。

SimDataSig = DSRef{10};

Signal オブジェクトの Values プロパティに存在する SimulationDatastore オブジェクトの操作を簡単にするためには、DStore という名前の変数にハンドルを格納します。

DStore = SimDataSig.Values;

データストアが分割可能かどうかを判別します。

if isPartitionable(DStore)
    disp('Datastore is partitionable.')
else
    disp('Datatstore is not partitionable.')
end
Datatstore is not partitionable.

バージョン履歴

R2020a で導入