Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sinc

説明

y = sinc(x) は、入力 x の各要素のsincを要素として持つ配列 y を返します。出力 y は、x と同じサイズになります。

すべて折りたたむ

整数間隔でサンプリングされたランダム信号に対して、理想的な帯域制限された内挿を行います。

内挿する信号 x は、与えられた時間の区間外では 0 で、ナイキスト周波数でサンプリングされたものと仮定します。再現性が必要な場合は、乱数発生器をリセットします。

rng default

t = 1:10;
x = randn(size(t))';
ts = linspace(-5,15,600);
[Ts,T] = ndgrid(ts,t);
y = sinc(Ts - T)*x;

plot(t,x,'o',ts,y)
xlabel Time, ylabel Signal
legend('Sampled','Interpolated','Location','SouthWest')
legend boxoff

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type line. These objects represent Sampled, Interpolated.

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。実数値または複素数値のスカラー、ベクトル、行列、N 次元配列、または gpuArray オブジェクトで指定します。x が非スカラーの場合、sinc は要素単位の演算になります。

gpuArray (Parallel Computing Toolbox) オブジェクトの詳細については、GPU での MATLAB 関数の実行 (Parallel Computing Toolbox)およびリリース別の GPU サポート (Parallel Computing Toolbox)を参照してください。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

出力引数

すべて折りたたむ

入力配列 x の sinc。実数値または複素数値を持つ、x と同じサイズのスカラー、ベクトル、行列、N 次元配列、または gpuArray オブジェクトとして返されます。

詳細

すべて折りたたむ

sinc

sinc 関数は次の式で定義されます。

sinct={sinπtπtt0,1t=0.

この解析式は、幅 2π と高さ 1 をもつ矩形パルスの連続逆フーリエ変換に相当します。

sinct=12πππejωtdω.

ω=(π,π] 内で帯域制限された関数の空間は、整数によってシフトされた sinc 関数の可算な無限集合によって覆われます。したがって、帯域制限された関数 g(t) はその整数間隔におけるサンプルから復元できます。

g(t)=n=g(n)sinc(tn).

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入