Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

gauspuls

ガウス変調正弦波 RF パルス

説明

yi = gauspuls(t,fc,bw) では、配列 t に設定された時点で中心周波数 fc (Hz) および比帯域幅 bw をもつ単位振幅のガウス変調正弦波 RF パルスが返されます。

yi = gauspuls(t,fc,bw,bwr) では、正規化された信号のピークに対し、bwr dB のレベルで測定した、bw の比帯域幅をもつ単位振幅の同相ガウス RF パルスが返されます。

[yi,yq] = gauspuls(___) は直交パルスも返します。この構文には、前の構文の入力引数を任意に組み合わせて含めることができます。

[yi,yq,ye] = gauspuls(___) では、RF 信号の包絡線が返されます。

tc = gauspuls('cutoff',fc,bw,bwr,tpe) では、後続のパルス包絡線がピーク包絡線振幅に対し、tpe dB より下になるカットオフ時間 tc が返されます。

すべて折りたたむ

10 MHz のサンプル レートで、60% の帯域幅をもつ 50 kHz のガウス RF パルスをプロットします。包絡線がピークから 40 dB 減衰するところでパルスを打ち切ります。さらに直交パルスと、RF 信号の包絡線をプロットします。

tc = gauspuls('cutoff',50e3,0.6,[],-40); 
t = -tc : 1e-7 : tc; 
[yi,yq,ye] = gauspuls(t,50e3,0.6); 

plot(t,yi,t,yq,t,ye)
legend('Inphase','Quadrature','Envelope')

Figure contains an axes. The axes contains 3 objects of type line. These objects represent Inphase, Quadrature, Envelope.

入力引数

すべて折りたたむ

単位振幅のガウス RF パルスが計算される時間値のベクトル。

データ型: single | double

ガウス変調正弦波パルスの中心周波数。Hz 単位で表される実数の正のスカラーとして指定します。

ガウス変調正弦波パルスの比帯域幅。実数の正のスカラーとして指定します。

ガウス変調正弦波パルスの比帯域幅の基準レベル。実数の負のスカラーとして指定します。bwr は、ピーク (単位) 包絡線振幅未満の基準レベルを示します。比帯域幅は電力比として指定されます。これは振幅比で表された -3 dB に対応します。

後続のパルス包絡線レベル。dB 単位の実数の負のスカラーとして指定します。tpe はピーク (単位) 包絡線振幅未満の基準レベルを示します。

出力引数

すべて折りたたむ

同相ガウス変調正弦波パルス。時間ベクトル t によって示された時間で単位振幅のベクトルとして返されます。

直交ガウス変調正弦波パルス。時間ベクトル t によって示された時間で単位振幅のベクトルとして返されます。

時間ベクトル t によって示された時間の単位振幅の RF 信号の包絡線。

後続のパルス包絡線がピーク包絡線振幅に対し、tpe dB より下になるカットオフ時間 (秒)。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入