ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gauspuls

ガウス変調正弦波パルス

構文

yi = gauspuls(t,fc,bw)
yi = gauspuls(t,fc,bw,bwr)
[yi,yq] = gauspuls(...)
[yi,yq,ye] = gauspuls(...)
tc = gauspuls('cutoff',fc,bw,bwr,tpe)

説明

gauspuls では、ガウス変調正弦波パルスが生成されます。

yi = gauspuls(t,fc,bw) では、中心周波数 fc Hz と比帯域 bw をもつ配列 t に示された時間に対する単位元振幅のガウス RF パルスが返されます。比帯域は 0 より大きくなければなりません。fc の既定値は 1000 Hz、bw は 0.5 です。

yi = gauspuls(t,fc,bw,bwr) では、正規化された信号のピークに対し、bwr dB のレベルで測定した、bw の比帯域をもつ単位元振幅のガウス RF パルスが返されます。比帯域幅の基準レベル bwr は、ピーク (単位元) 包絡線振幅未満の基準レベルを示すため、0 未満でなければなりません。bwr の既定値は、-6 dB です。比帯域幅は電力比として指定されることに注意してください。これは振幅比で表された -3 dB に対応します。

[yi,yq] = gauspuls(...) では、同相パルスおよび直交パルスが返されます。

[yi,yq,ye] = gauspuls(...) では、RF 信号の包絡線が返されます。

tc = gauspuls('cutoff',fc,bw,bwr,tpe) では、後続のパルス包絡線がピーク包絡線振幅に対し、tpe dB より下になるカットオフ時間 tc (0 以上) が返されます。後続パルス包絡線レベル tpe は、ピーク (単位元) 包絡線振幅未満の基準レベルを示すため、0 未満でなければなりません。tpe の既定値は、-60 dB です。

すべて折りたたむ

1 MHz のサンプルレートで、60% の帯域幅をもつ 50 kHz のガウス RF パルスをプロットします。包絡線がピークから 40 dB 減衰するところでパルスを打ち切ります。

tc = gauspuls('cutoff',50e3,0.6,[],-40); 
t = -tc : 1e-6 : tc; 
yi = gauspuls(t,50e3,0.6); 
plot(t,yi)

ヒント

後続の入力引数が空行列か省略された場合は、既定値が代用されます。

R2006a より前に導入