ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

測定と特性抽出

ピーク、信号統計、パルスおよび遷移の計量、パワー、帯域幅、歪み

Signal Processing Toolbox™ には、信号に共通して現われる、目立った特徴を測定するための関数が用意されています。信号のピークの位置を特定し、高さ、幅および両隣との距離を算出します。ピーク間振幅や信号包絡線などの時間領域特性を測定します。オーバーシュートやデューティ比などのパルス計量を測定します。

周波数領域では、基本、平均、中央および高調波周波数、チャネル帯域幅、周波数帯域のパワーを測定します。スプリアス フリー ダイナミック レンジ (SFDR)、S/N 比 (SNR)、全高調波歪み (THD)、信号対ノイズおよび歪み比 (SINAD) および 3 次インターセプト (TOI) を測定することにより、システムの特徴を明らかにします。

  • 記述統計
    ピーク、RMS レベル、ピーク間振幅、波高因子、動的タイム ワーピング、CUSUM 管理チャート、編集距離
  • パルスと遷移の計量
    立ち上がり時間、立ち下がり時間、スルー レート、オーバーシュート、アンダーシュート、整定時間、パルス幅、デューティ比
  • スペクトル測定
    チャネル パワー、帯域幅、周波数平均値、周波数中央値、高調波歪み

注目の例