ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Signal Processing Toolbox 入門

信号処理と解析の実行

Signal Processing Toolbox™ では、一様および非一様にサンプリングされた信号から特徴を解析、前処理、および抽出する関数とアプリを用意しています。このツールボックスには、フィルターの設計と解析、リサンプリング、平滑化、トレンド除去、およびパワー スペクトルの推定のためのツールが含まれています。さらに、ツールボックスでは、変化点や包絡線のような特徴の抽出、ピークや信号パターンの検出、信号の類似度の定量化、および SNR や歪みなどの測定の実行のための機能を用意しています。振動信号のモード解析や次数分析も行えます。

信号アナライザー アプリでは、コードの記述、長い信号の調査、関心領域の抽出を行うことなく、時間、周波数、および時間-周波数の領域で同時に、複数の信号の前処理と解析が行えます。フィルター デザイナー アプリでは、さまざまなアルゴリズムと応答から選択することでデジタル フィルターの設計および解析が可能です。どちらのアプリも、MATLAB® コードを生成します。

チュートリアル

注目の例

ビデオ

Signal Processing Toolbox とは
Signal Processing Toolbox を使用して信号処理、信号解析、およびアルゴリズム開発を実行します。

機械学習の信号処理
このビデオは、スマートフォンで生成した加速度計信号を基にした被験者の身体活動を特定できる分類システムを表します。

信号解析の簡単な方法
この Web セミナーでは、MATLAB の信号解析を簡単に実行する方法を紹介します。

MATLAB を使用したスペクトル解析
この Web セミナーの各ステップでは、Signal Processing Toolbox の関数を使用して、データ解析、スペクトル解析、および時間-周波数解析を実行します。