Main Content

slreportgen.report.SystemIO クラス

パッケージ: slreportgen.report
スーパークラス: slreportgen.report.Reporter

Simulink システム入出力信号レポーター

R2020a 以降

説明

Simulink® モデルまたはサブシステムの入出力信号についてレポートするレポーターを作成します。

メモ

レポートで SystemIO レポーターを使用するには、slreportgen.report.Report クラスを使用してレポートを作成する必要があります。

slreportgen.report.SystemIO クラスは handle クラスです。

クラス属性

HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

説明

slreportgen.report.SystemIO() は、空の slreportgen.report.SystemIO レポーター オブジェクトを作成します。Object プロパティを使用して、レポートするモデルまたはサブシステムを指定します。既定では、レポーターはシステムの入出力についての概要テーブルを生成します。入力の概要テーブルには、入力信号の接続元がリストされます。出力の概要テーブルには、出力信号の接続先がリストされます。レポーターは、入出力端子のプロパティをリストする信号の詳細の節も生成します。生成されるレポートの内容や外観をカスタマイズするには、レポーターのプロパティを使用します。たとえば、信号の詳細に関する節の内容や外観をカスタマイズするには DetailsReporter プロパティを使用します。

slreportgen.report.SystemIO(object) は、object で指定されたモデルまたはサブシステムのレポーターを作成します。Object プロパティを参照してください。

slreportgen.report.SystemIO(Name=Value) は、名前と値のペアを使用してレポーター プロパティを設定します。複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

プロパティ

すべて展開する

レポート対象の Simulink モデルまたはサブシステム。モデルまたはサブシステムのパスを含む string スカラーまたは文字ベクトルとして指定するか、モデルまたはサブシステムのハンドルとして指定するか、slreportgen.finder.DiagramResult オブジェクトまたは slreportgen.finder.BlockResult オブジェクトとして指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

各入力についてレポートするプロパティのリスト。string 配列、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。既定では、PortInport BlockSourceName、および DataType がリストに含まれます。Inport Block についてレポートされる値は、システムの入力信号に対応する Inport ブロックの名前です。リストに含めることができる信号プロパティは次のとおりです。

  • "Port"

  • "Source"

  • "Name"

  • "Description"

  • "DataType"

  • "Complexity"

  • "Dimensions"

  • "Min"

  • "Max"

  • "SampleTime"

  • "Units"

さらに、対応する Inport ブロックの次のブロック プロパティも指定できます。

  • "Inport Block"

  • "Inport Block Description"

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

各出力についてレポートするプロパティのリスト。string 配列、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。既定では、PortOutport BlockDestinationName、および DataType がリストに含まれます。Outport Block についてレポートされる値は、システムの出力信号に対応する Outport ブロックの名前です。リストに含めることができる信号プロパティは次のとおりです。

  • "Port"

  • "Destination"

  • "Name"

  • "Description"

  • "DataType"

  • "Complexity"

  • "Dimensions"

  • "Min"

  • "Max"

  • "SampleTime"

  • "Units"

さらに、対応する Outport block の次のブロック プロパティも指定できます。

  • "Outport Block"

  • "Outport Block Description"

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

サブシステムまたはモデルへの入力をまとめたテーブルを表示するかどうか。true または false として指定します。テーブルに含まれる入力についてのプロパティは InputSummaryProperties プロパティで決まります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

サブシステムまたはモデルからの出力をまとめたテーブルを表示するかどうか。true または false として指定します。テーブルに含まれる出力についてのプロパティは OutputSummaryProperties プロパティで決まります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

各入出力の詳細を表示するかどうか。true または false として指定します。ShowDetailstrue の場合、レポーターは slreportgen.report.SimulinkObjectProperties レポーターを入出力の概要テーブルの後に挿入します。Object がモデルの場合は、入出力ブロックに関する詳細が含まれます。Object がサブシステムの場合は、入出力端子に関する詳細が含まれます。概要テーブルの端子番号は、その端子の対応する SimulinkObjectProperties レポーターにリンクしています。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

概要テーブルに空の列を表示するかどうか。true または false として指定します。ShowEmptyColumnstrue の場合、概要テーブルにデータがない列が含まれます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

入力の概要テーブルのテーブル フォーマッタ。mlreportgen.report.BaseTable レポーターとして指定します。既定値は BaseTable レポーターです。テーブルの外観をカスタマイズするには、既定のテーブル レポーターのプロパティを変更するか、そのテーブル レポーターをカスタマイズしたテーブル レポーターに置き換えます。既定またはカスタマイズしたテーブル レポーターの Title プロパティに内容を追加すると、生成されたレポートでテーブルのタイトルの前にその内容が表示されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

出力の概要テーブルのテーブル フォーマッタ。mlreportgen.report.BaseTable レポーターとして指定します。既定値は BaseTable レポーターです。テーブルの外観をカスタマイズするには、既定のテーブル レポーターのプロパティを変更するか、そのテーブル レポーターをカスタマイズしたテーブル レポーターに置き換えます。既定またはカスタマイズしたテーブル レポーターの Title プロパティに内容を追加すると、生成されたレポートでテーブルのタイトルの前にその内容が表示されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

詳細テーブルのフォーマッタ。slreportgen.report.SimulinkObjectProperties レポーターとして指定します。既定値は SimulinkObjectProperties レポーターです。詳細テーブルの外観をカスタマイズするには、既定の SimulinkObjectProperties レポーターのプロパティを変更するか、そのレポーターをカスタマイズした SimulinkObjectProperties レポーターに置き換えます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

接続元リストと接続先リストのリスト フォーマッタ。mlreportgen.dom.UnorderedList オブジェクトまたは mlreportgen.dom.OrderedList オブジェクトとして指定します。接続元リストは、入力信号が接続されているブロックのリストです。接続先リストは、出力信号が接続されているブロックのリストです。既定のフォーマッタは UnorderedList オブジェクトです。リストの外観をカスタマイズするには、既定のリスト フォーマッタのプロパティを変更するか、そのリスト フォーマッタを子を含まないカスタマイズしたリスト オブジェクトに置き換えます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

このレポーターのテンプレートのソース。以下のいずれかの方法で指定します。

  • このレポーターのテンプレートを含むファイルのパスを指定する、文字ベクトルまたは string スカラー

  • このレポーターに使用されているテンプレートをもつか、このレポーター用のテンプレートを含むテンプレート ライブラリをもつ、レポーターまたはレポート

  • このレポーターに使用されているテンプレートをもつか、このレポーター用のテンプレートを含むテンプレート ライブラリをもつ、DOM ドキュメントまたはドキュメント パーツ

指定されるテンプレートは、このレポートが追加されるレポートと同じタイプでなければなりません。たとえば、Microsoft® Word レポートの場合、TemplateSrc は Word レポーター テンプレートでなければなりません。TemplateSrc プロパティが空の場合、このレポーターはレポートの出力タイプで既定のレポーター テンプレートを使用します。

このレポーター テンプレートの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。このレポーター テンプレートは、このレポーターの TemplateSrc プロパティで指定されたテンプレートのテンプレート ライブラリになければなりません。

データ型: string | char

このレポーターのハイパーリンク ターゲット。リンク ターゲット ID を指定する文字ベクトルまたは string スカラー、あるいは mlreportgen.dom.LinkTarget オブジェクトとして指定します。文字ベクトルまたは string スカラーの値は LinkTarget オブジェクトに変換されます。リンク ターゲットは、出力レポートでこのレポーターのコンテンツの直前に配置されます。

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

この例では、slreportgen.report.SystemIO レポーターを使用して、モデルとそのサブシステムの入出力についてレポートします。

model_name = "slrgex_f14";
load_system(model_name);
% Create a Simulink report
rpt = slreportgen.report.Report("SystemIO_example","docx");

% Create finder to find all diagrams in model
finder = slreportgen.finder.DiagramFinder(model_name);

% Report inputs and outputs of each diagram
ch = mlreportgen.report.Chapter("Diagrams");
while hasNext(finder)
  result = next(finder);
  if strcmpi(result.Type,"Simulink.SubSystem") ...
          || strcmpi(result.Type,"Simulink.BlockDiagram")
      sect = mlreportgen.report.Section(result.Name);
      add(sect,result);
      % Create SystemIO reporter and add to report
      ioRptr = slreportgen.report.SystemIO(result);        
      add(sect,ioRptr);
      add(ch,sect);
  end
end

% Add chapter to report and close report
add(rpt,ch);
close(rpt);
rptview(rpt);

ヒント

  • SystemIO レポーターでレポートされる入出力信号のプロパティは Simulink のプロパティに対応しており、get_param を使用してクエリできます。たとえば、DataType プロパティと Dimensions プロパティは、Simulink の端子ハンドルの CompiledPortDataType プロパティと CompiledPortDimensions プロパティに対応します。

  • Simulink では、バス信号については、信号が非バーチャル バスであるかバーチャル バスであるかに基づいて CompiledPortDataType プロパティと CompiledPortDimensions プロパティの値を決定します。

バージョン履歴

R2020a で導入

すべて展開する