Main Content

slreportgen.finder.BlockResult クラス

パッケージ: slreportgen.finder
スーパークラス: slreportgen.finder.DiagramElementResult

ブロック ファインダーの結果オブジェクトを作成する

説明

Simulink® ブロック線図内のブロックの検索結果オブジェクト。

slreportgen.finder.BlockResult クラスは handle クラスです。

作成

説明

result = BlockResult(block) は、BlockFinder によって検出された block の検索結果オブジェクトを作成します。result オブジェクトには Simulink ブロックが含まれます。

メモ

検索メソッド simulink.finder.BlockFinder は、検出したブロックごとにこのタイプのオブジェクトを作成します。このオブジェクトを手動で作成する必要はありません。

finder = BlockResult(Name=Value) は、名前と値のペアを使用してプロパティを設定します。複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

入力引数

すべて展開する

Simulink ブロック。そのブロック パスまたはブロック ハンドルとして指定します。

プロパティ

すべて展開する

この読み取り専用プロパティには、この結果で返されるブロックのハンドルが含まれています。

この読み取り専用プロパティは、この結果で返されるブロックの名前を指定します。

この読み取り専用プロパティは、この結果で返されるブロックのタイプを指定します。

例: "Gain"

この読み取り専用プロパティは、この結果で返されるブロックのパスを返します。

この結果に追加するその他の情報。任意の型の値に設定できます。

メソッド

すべて展開する

バージョン履歴

R2017b で導入