Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

レポートの設定

レポート構造とコンテンツを定義するコンポーネントを含むレポート設定ファイルの作成

レポート設定は、コンポーネントと呼ばれる一連の MATLAB® オブジェクトであり、レポートのコンテンツと構造を指定します。レポート設定の作成と編集には、レポート エクスプローラーの設定エディターを使用します。設定ファイルからレポートを生成します。詳細については、レポートの設定を参照してください。

アプリ

レポート エクスプローラーMATLAB アプリケーションのレポートを設計して生成します

関数

rptlistMATLAB パスにあるすべてのレポート設定ファイルのリストの取得
seteditレポート エクスプローラーの起動
rptrebuildcacheRebuild Report Explorer template cache
rptrebuildregistryRebuild Report Explorer style sheet registry

レポートのコンポーネント

Nest Setup FileAllow one report setup file (rpt file) to run inside another
Evaluate MATLAB ExpressionEvaluate specified MATLAB expression
Commentレポート生成プロセスによって作成された XML ソース ファイルにコメントを挿入

トピック

レポート エクスプローラーの取り扱い

レポート エクスプローラー、MATLAB Report Generator™ および Simulink® Report Generator グラフィカル インターフェイスの概要。

新しい設定ファイルの作成

レポート エクスプローラーで対話的に、またはプログラムによって新しい設定ファイルを作成します。

対話型の MATLAB レポートの保持

以前にレポート作成に使用した MATLAB Report Generator の対話型 Report Generator ソフトウェアのタスクについて説明する。

レポート設定を開く

保存したレポート設定に変更を加えるには、設定ファイルを開かなければなりません。

レポート設定を閉じる

設定を閉じると、レポート エクスプローラーとメモリからその設定が取り除かれます。

レポート設定の保存

レポート エクスプローラーのアウトライン ペインで設定のルート ノードを選択します。

MATLAB ワークスペースへのレポート設定の読み込み

設定をレポート エクスプローラーに読み込むことなく MATLAB ワークスペースに読み込むには、関数 rptgen.loadRpt を使用します。

レポート設定ファイルからの MATLAB コードの生成

M コード バージョンのレポート設定ファイルを生成する方法

レポートの設定

"レポート設定" は、"コンポーネント"と呼ばれる一連の MATLAB オブジェクトであり、レポートのコンテンツと書式を指定しました。