Main Content

レポート設定を開く

保存したレポート設定に変更を加えるには、設定ファイルを開かなければなりません。レポート設定をレポート エクスプローラーから対話的に開くか、プログラムによって開きます。

MATLAB パス上にある設定を開く

ヒント

setedit コマンドを使用して、MATLAB® パス上にあるすべてのレポート設定のリストを取得します。

MATLAB パス上に存在する設定を開くには、以下のようにします。

  1. レポート エクスプローラーがまだ開かれていない場合は、MATLAB ツールストリップの [アプリ] タブにある [データベース接続とレポート] セクションで、[Report Generator] をクリックします。

  2. レポート エクスプローラーで、左側のアウトライン ペインの Report Generator ノードを選択します。

    中央のライブラリ ペインには、MATLAB パス上に存在するすべての設定ファイルのリストが表示されます。

  3. ライブラリ ペインで、開く設定ファイルを選択します。

    設定のプロパティ ダイアログ ボックスが右側のプロパティ ペインに表示されます。

  4. 設定を開くには、レポート エクスプローラーで以下の "いずれか" の方法を使用します。

    • プロパティ ペインで [レポートを開く] ボタンをクリックする。

    • ライブラリ ペインで設定のエントリをダブルクリックする。

    • ライブラリ ペインで設定のコンテキスト メニューから [レポートを開く] を選択

アウトライン ペインに Report Generator ノードの子として設定が表示されます。

MATLAB パス以外にある設定を開く

ヒント

setedit コマンドを使用して、MATLAB パス上にあるすべてのレポート設定のリストを取得します。

MATLAB パス以外に存在する設定を開くには、以下のようにします。

  1. レポート エクスプローラーがまだ開かれていない場合は、MATLAB ツールストリップの [アプリ] タブにある [データベース接続とレポート] セクションで、[Report Generator] をクリックします。

  2. レポート エクスプローラーで [ファイル][開く] を選択するか、レポート エクスプローラー ツール バーで [ファイルを開く] ボタンをクリックします。

    ファイル ブラウザーが開きます。

  3. ファイル ブラウザーを使用してファイル システムにあるレポート設定を検索し、ファイル ブラウザーの [ファイル名] フィールドに設定名を入力します。

  4. ファイル ブラウザーの [開く] ボタンを選択します。

アウトライン ペインに Report Generator ノードの子として設定が表示されます。

プログラムにより設定を開く

プログラムによってレポートを開くには、setedit コマンドを使用します。たとえば、次のコマンドは MATLAB Report Generator™ に付属の例 simple-report.rpt を開きます。

setedit simple-report

このコマンドは、まだ開かれていない場合にはレポート エクスプローラーを開いたうえで、simple-rpt 設定をレポート エクスプローラーで開きます。

ヒント

設定が MATLAB パス上に存在する場合は、setedit コマンドの使用時に絶対パスを指定する必要はありません。setedit コマンドを使用して、MATLAB パス上にあるすべてのレポート設定のリストを取得します。

アウトライン ペインに Report Generator ノードの子として新しく開かれたレポートが表示されます。