最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

新しい設定ファイルの作成

メモ

レポート エクスプローラー アプリを使用して新しいレポートを設定または作成しないでください。この情報は、既存のレポートを維持する目的にのみ提供されています。新しい Report Generator を作成するには、レポート API および DOM API を使用します。レポート プログラムの作成を参照してください。

レポート エクスプローラーで対話的に、またはプログラムによって新しい設定ファイルを作成します。

レポート エクスプローラーを使用した設定ファイルの作成

  1. レポート エクスプローラーがまだ開かれていない場合は、MATLAB® ツールストリップの [アプリ] タブにある [データベース接続とレポート] セクションで、[Report Generator] をクリックします。

  2. レポート エクスプローラーで、以下の "いずれか" の方法を使用します。

    • [ファイル][新規作成] を選択する。

    • レポート エクスプローラーのツール バーで [新規テンプレート] ボタンをクリックする。

アウトライン ペインに Unnamed という名前の新しい設定が Report Generator ノードの子として表示されます。

プログラムによる設定ファイルの作成

(MATLAB コマンド ラインから) プログラムで設定ファイルを作成するには、setedit コマンドを使用します。たとえば、現在のディレクトリに myreport という名前の設定がまだ存在しないと想定して、次のコマンドを使用します。

setedit myreport.rpt

設定ファイルの取り扱い

レポート設定ファイルに対する操作の詳細については、以下を参照してください。

レポートの説明

レポート設定に関するメモやコメントを記録するには、[レポートの説明] フィールドを使用します。この入力したテキストは、アウトライン ペインでレポート設定ファイルを選択するとプロパティ ペインに表示されます。