Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

クラスターとクラウド

クラスター リソースの検出およびクラスター プロファイルの操作

計算タスクがローカル コンピューターにとって大きすぎる、または遅すぎる場合は、計算をオンサイトのクラスターまたはクラウドにオフロードして、最小限の変更で MATLAB® コードを実行することができます。MATLAB ツールストリップの [並列][クラスターの検出] を試し、既に利用できるクラスターがあるかどうかを確認します。

スケジューラをもつクラスターが既にある場合は、MATLAB Parallel Server™ を使用して MATLAB と統合することができます。または、既存のスケジューラがない場合は、MATLAB Parallel Server で MATLAB ジョブ スケジューラを使用できます。

関数

すべて展開する

parclusterクラスター オブジェクトを作成する
parpoolクラスターでの並列プールの作成
gcp現在の並列プールの取得
shutdown クラウド クラスターのシャットダウン
startクラウド クラスターの開始
wait (cluster)クラウド クラスターが状態を変更するまで待機
parallel.defaultClusterProfile既定のクラスター プロファイル調べる、または設定する
parallel.exportProfile1 つ以上のプロファイルをファイルにエクスポートする
parallel.importProfileファイルからクラスター プロファイルをインポートする
saveProfileクラスターの変更済みプロパティを現在のプロファイルに保存する
saveAsProfileクラスターのプロパティを指定されたプロファイルに保存する
pctconfigParallel Computing Toolbox クライアント セッションの設定を構成する

クラス

すべて展開する

parallel.Poolワーカーの並列プール
parallel.Clusterクラスターのプロパティおよび動作にアクセスする
pctRunOnAllクライアントと並列プールの全ワーカーでコマンドを実行する

例および使用方法

クラスターのセットアップ

深層学習

概念