ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

istimetable

入力が timetable かどうかを判別

説明

TF = istimetable(A) は、A が timetable の場合は logical 1 (true)、その他の場合は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

timetable を作成し、それが timetable であるかどうかを判別します。

Date = datetime({'2015-12-18';'2015-12-19';'2015-12-20'});
Temp = [37.3;39.1;42.3];
Pressure = [29.4;29.6;30.0];
Precip = [0.1;0.9;0.0];
TT = timetable(Date,Temp,Pressure,Precip)
TT=3×4 timetable
       Date        Temp    Pressure    Precip
    ___________    ____    ________    ______

    18-Dec-2015    37.3      29.4       0.1  
    19-Dec-2015    39.1      29.6       0.9  
    20-Dec-2015    42.3        30         0  

TF = istimetable(TT)
TF = logical
   1

TT を table T に変換します。関数 istimetableT が timetable ではないので 0 を返します。

T = timetable2table(TT);
TF = istimetable(T)
TF = logical
   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力変数。ワークスペース変数として指定します。A は、任意のデータ型になります。

拡張機能

R2016b で導入