ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

eraseBetween

開始点と終了点の間の部分文字列を削除

説明

newStr = eraseBetween(str,startStr,endStr) は、部分文字列 startStrendStr の間に出現するすべての文字を str から削除しますが、startStrendStr 自体は削除しません。eraseBetween は、残りのテキストを newStr として返します。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列である場合、eraseBetweenstr の各要素から文字を削除します。出力引数 newStr のデータ型は、str と同じです。

newStr = eraseBetween(str,startPos,endPos) は、位置 startPosendPos の間に出現するすべての文字 (それらの位置にある文字を含む) を、str から削除します。

newStr = eraseBetween(___,'Boundaries',bounds) は、前述の任意の構文で、開始と終了の位置を含めるか除外するかを指定します。bounds'inclusive' の場合はそれらを含め、bounds'exclusive' の場合は除外します。たとえば、eraseBetween(str,startStr,endStr,'Boundaries','inclusive') は、startStrendStr およびそれらの間にあるすべてのテキストを削除します。

すべて折りたたむ

string 配列を作成します。次に、部分文字列の間に出現するテキストを削除します。

string を作成します。R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = "The quick brown fox"
str = 
"The quick brown fox"

部分文字列 "quick"" fox" の間に出現するテキストを削除します。関数 eraseBetween はテキストを削除しますが、"quick"" fox" は削除しません。

newStr = eraseBetween(str,"quick"," fox")
newStr = 
"The quick fox"

string 配列の各要素から部分文字列を削除します。開始インジケーターと終了インジケーターとして異なる部分文字列を指定する場合、それらは、str と同じサイズの string 配列または文字ベクトルの cell 配列に含まれなければなりません。

str = ["The quick brown fox jumps";"over the lazy dog"]
str = 2x1 string array
    "The quick brown fox jumps"
    "over the lazy dog"

startPos = ["quick";"the"];
endPos = [" fox";" dog"];
newStr = eraseBetween(str,startPos,endPos)
newStr = 2x1 string array
    "The quick fox jumps"
    "over the dog"

string 配列を作成し、数値として指定した開始位置と終了位置の間の部分文字列を削除します。

名前を含む string を作成します。R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = "Edgar Allen Poe"
str = 
"Edgar Allen Poe"

部分文字列を削除します。ミドルネームと空白文字 1 文字を削除するには、string 内の 6 番目と 11 番目の位置を指定します。削除する部分文字列には、6 番目と 11 番目の文字が含まれます。

newStr = eraseBetween(str,6,11)
newStr = 
"Edgar Poe"

string 配列の各要素から部分文字列を削除します。数値配列を使用して異なる開始位置と終了位置を指定する場合、数値配列は入力 string 配列と同じサイズでなければなりません。

str = ["Edgar Allen Poe";"Louisa May Alcott"]
str = 2x1 string array
    "Edgar Allen Poe"
    "Louisa May Alcott"

startsPos = [6;7];
endPos = [11;10];
newStr = eraseBetween(str,startsPos,endPos)
newStr = 2x1 string array
    "Edgar Poe"
    "Louisa Alcott"

境界を強制的に含めて、または含めずに、string 配列からテキストを削除します。境界を含めた場合、eraseBetween は境界を削除します。境界を含めない場合、eraseBetween は出力 string 配列の一部として境界を返します。

string 配列を作成します。R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = "small|medium|large"
str = 
"small|medium|large"

6 番目と 13 番目の位置の間のテキストを削除しますが、それらの位置にある文字は削除しません。

newStr = eraseBetween(str,6,13,'Boundaries','exclusive')
newStr = 
"small||large"

2 つの部分文字列の間のテキストと、部分文字列自体も削除します。

str = "The quick brown fox jumps over the lazy dog"
str = 
"The quick brown fox jumps over the lazy dog"
newStr = eraseBetween(str," brown","lazy",'Boundaries','inclusive')
newStr = 
"The quick dog"

文字ベクトルを作成し、開始位置と終了位置の間のテキストを削除します。

chr = 'mushrooms, peppers, and onions'
chr = 
'mushrooms, peppers, and onions'
newChr = eraseBetween(chr,10,19)
newChr = 
'mushrooms and onions'

部分文字列間のテキストを削除します。

newChr = eraseBetween(chr,'mushrooms',' and')
newChr = 
'mushrooms and onions'

入力引数

すべて折りたたむ

入力テキスト。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

データ型: string | char | cell

削除する部分文字列の開始を示す文字列。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、startStr は、文字ベクトル、string スカラー、str と同じサイズの string 配列または cell 配列のいずれかとして指定できます。

例: eraseBetween(str,"AB","YZ") は、str の各要素内の ABYZ の間にあるすべての文字を削除します。

例: str21 列の string 配列の場合、eraseBetween(str,["AB";"FG"],["YZ";"ST"]) は、str(1) 内の ABYZ の間にあるすべての文字、および str(2) 内の FGST の間にあるすべての文字を削除します。

データ型: string | char | cell

削除する部分文字列の終了を示す文字列。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、endStr は、文字ベクトル、string スカラー、str と同じサイズの string 配列または cell 配列のいずれかとして指定できます。

例: eraseBetween(str,"AB","YZ") は、str の各要素内の ABYZ の間にあるすべての文字を削除します。

例: str21 列の string 配列の場合、eraseBetween(str,["AB";"FG"],["YZ";"ST"]) は、str(1) 内の ABYZ の間にあるすべての文字、および str(2) 内の FGST の間にあるすべての文字を削除します。

データ型: string | char | cell

削除する部分文字列の開始位置。数値配列として指定します。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、startPos は数値スカラー、または str と同じサイズの数値配列にすることができます。

例: eraseBetween(str,5,9) は、str の各要素内の 5 番目から 9 番目までのすべての文字を削除します。

例: str21 列の string 配列の場合、eraseBetween(str,[5;10],[9;21]) は、str(1) 内の 5 番目から 9 番目までのすべての文字と、str(2) 内の 10 番目から 21 番目までのすべての文字を削除します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

削除する部分文字列の終了位置。数値配列として指定します。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、endPos は数値スカラー、または str と同じサイズの数値配列にすることができます。

例: eraseBetween(str,5,9) は、str の各要素内の 5 番目から 9 番目までのすべての文字を削除します。

例: str21 列の string 配列の場合、eraseBetween(str,[5;10],[9;21]) は、str(1) 内の 5 番目から 9 番目までのすべての文字と、str(2) 内の 10 番目から 21 番目までのすべての文字を削除します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

出力テキスト。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として返されます。strnewStr は同じデータ型です。

データ型: string | char | cell

拡張機能

R2016b で導入