ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パフォーマンス テストのフレームワーク

MATLAB® コードのパフォーマンスの測定

MATLAB パフォーマンス テスト フレームワークを使用して MATLAB コードのパフォーマンスを測定できます。このフレームワークには、パフォーマンス測定用の機能が含まれており、たとえばウォーミング アップさせるためにコードを複数回実行する機能や、測定でノイズを考慮する機能などがあります。

パフォーマンス テストのインターフェイスには、スクリプトベース、関数ベースおよびクラスベースのユニット テスト インターフェイスが使用されます。したがって、パフォーマンス テスト内で検定を実行すると、コードのパフォーマンスを測定しながら正しい機能的動作も保証できます。また、パフォーマンス テストを標準の回帰テストとして実行し、コードの変更によってパフォーマンス テストが中断されないようにすることもできます。

はじめに、パフォーマンス テストのフレームワークの概要を参照してください。

関数

runperf一連のパフォーマンス測定テストを実行
testsuiteテスト スイートを作成

クラス

matlab.perftest.TimeExperimentテスト対象コードの実行時間を測定するためのインターフェイス
matlab.perftest.FixedTimeExperiment固定数の測定値を収集する TimeExperiment
matlab.perftest.FrequentistTimeExperiment可変数の測定値を収集する TimeExperiment
matlab.perftest.TestCasematlab.perftest パフォーマンス テスト クラスのスーパークラス
matlab.perftest.TimeResult時間実験の実行結果
matlab.unittest.measurement.DefaultMeasurementResultMeasurementResult クラスの既定の実装
matlab.unittest.measurement.MeasurementResult測定結果を保持するクラスの基底クラス

トピック

パフォーマンス テストのフレームワークの概要

パフォーマンス テストのインターフェイスには、ユニット テストのインターフェイスが使用されます。パフォーマンス テスト内で検定を実行し、コードのパフォーマンスを測定しながら正しい機能的動作を確保できます。パフォーマンス テストを標準の回帰テストとして実行し、コードの変更によってパフォーマンス テストが中断されないことを確認します。

スクリプトまたは関数を使用したパフォーマンスのテスト

この例では、スクリプトベースまたは関数ベースのパフォーマンス テストを作成する方法を示します。

クラスを使用したパフォーマンスのテスト

この例では、クラスベースのパフォーマンス テストと回帰テストを作成する方法を説明します。

高速実行テスト コードの測定

高速テスト コードを自動でループするには、matlab.perftest.TestCase.keepMeasuring メソッドを使用します。