Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.perftest.FrequentistTimeExperiment クラス

パッケージ: matlab.perftest
スーパークラス: matlab.perftest.TimeExperiment

可変数の測定値を収集する TimeExperiment

説明

FrequentistTimeExperiment は、可変数の測定値を収集する TimeExperiment クラスのインスタンスです。このテスト フレームワークは、指定された信頼度で指定された相対許容誤差に達するまで可変数の測定値を収集します。

FrequentistTimeExperiment のインスタンスを作成するには、静的メソッド matlab.perftest.TimeExperiment.limitingSamplingError を使用します。

プロパティ

すべて展開する

ウォームアップ測定の数。非負の整数として指定します。NumWarmups は、テスト フレームワークがウォームアップのためにテスト コードを実行する回数を定義します。

サンプル測定の最小数。1 より大きい整数として指定します。MinSamples はテスト フレームワークが NumWarmups の後でテスト コードを実行する最小回数を定義します。テスト フレームワークはテストが統計目標値を満たしたかどうかにかかわらず、少なくとも MinSamples 回テスト コードを実行します。

サンプル測定の最大数。MinSamples 以上の整数として指定します。MaxSamples は、テスト フレームワークが NumWarmups の後でテスト コードを実行する最大回数を定義します。テスト フレームワークはテストが統計目標値を満たさない場合でも、MaxSamples 個のサンプルを取得した後に停止します。

サンプルの相対許容誤差の目標値。正の数値として指定します。

フレームワークは次の式を使用して、サンプル X の相対許容誤差を計算します。

relMoE=Tstd(X)mean(X)length(X)

ここで T は、指定された ConfidenceLevel と自由度 length(X)-1 を使用してスチューデント t 分布から得られる T スコアです。

サンプルが相対許容誤差内に収まる信頼度。0 から 1 までの数値で指定します。

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

R2016a で導入