ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パフォーマンスとメモリ

パフォーマンスの改善。メモリ要件の特定と軽減

コードは、特に最初の実装の場合、単純かつ読みやすく記述します。コードの最適化を急ぎ過ぎると、パフォーマンスを著しく向上させることなく、不必要にコードが複雑になる場合があります。速度が問題である場合には、コードの実行にどの程度の時間がかかるかを測定し、コードをプロファイリングしてボトルネックを特定します。必要に応じて、パフォーマンスを改善するための操作を行うことができます。

MATLAB® ではデータ ストレージが自動的に処理されます。ただし、メモリに問題がある場合は、メモリ要件を特定して、メモリをより効率的に使用する手法を適用できます。

関数

すべて展開する

timeit関数の実行に必要な時間の測定
ticストップウォッチ タイマーを開始
tocストップウォッチから経過時間を読み取る
cputime経過 CPU 時間
profile関数実行時間のプロファイル
benchMATLAB ベンチマーク
memoryメモリ情報を表示する
inmemメモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
packワークスペース メモリの整理
memoizeメモ化のセマンティクスを関数ハンドルに追加
MemoizedFunctionメモ化された関数を呼び出して結果をキャッシュ
clearAllMemoizedCachesすべての MemoizedFunction オブジェクトのキャッシュのクリア

トピック

コードでの測定とプロファイリング

プログラムのパフォーマンスの測定

コードの実行時間を測るには、関数 timeit と、ストップウォッチ タイマー関数の tic および toc を使用します。

パフォーマンス改善のためのプロファイリング

最も多くの時間を消費するコード行や、MATLAB で実行されないコード行を特定するには、コードをプロファイリングします。

コード カバレッジ判定のためのプロファイラーの使用

プロファイリング時にファイルのどの部分が MATLAB で実行されるかを判断するために、カバレッジ レポートを実行する。

パフォーマンスの向上

パフォーマンス向上の手法

コードのパフォーマンスを高速化するために検討できる手法がいくつかあります。

メモリ要件の特定と軽減

MATLAB でのメモリの割り当て方法

メモリをより効率的に使用するコードを記述するための MATLAB でのメモリの割り当て方法を理解する。

メモリを効率的に使用するための対策

プログラムで必要なメモリ量を減らし、適切なデータ ストレージを判断し、メモリの断片化を回避して、使用済みのメモリを再利用します。

メモリ不足エラーの解決

オペレーティング システムに対して使用可能なメモリより大きなセグメントを要求する場合、MATLAB は Out of Memory メッセージを生成します。