Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.perftest.TimeResult クラス

パッケージ: matlab.perftest
スーパークラス: matlab.unittest.measurement.MeasurementResult

時間実験の実行結果

説明

TimeResult クラスのオブジェクトは、matlab.perftest.TimeExperiment クラスを使用したテスト スイートでの時間実験の実行結果について説明する情報を保有します。オブジェクトには測定とそれに対応する機能テストの結果に関する情報が含まれます。

テスト結果は table として使用できます。

作成

MATLAB® テスト フレームワークは、時間実験を実行するときに TimeResult クラスのインスタンスを作成します。

プロパティ

すべて展開する

時間の結果に対応するテスト スイート要素の名前。文字ベクトルとして返されます。

例: 'MyTestSuite'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
protected

データ型: char

測定値が有効かどうかのインジケーター。logical 0 または 1 として返されます。パスしたテストから収集されている場合、その測定値は有効 (logical 1) です。それ以外の場合は無効 (logical 0) となります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private
Dependent
true
NonCopyable
true

データ型: logical

サンプル測定値に関する情報。次の情報を含む table として返されます。

列名説明
Nameテスト スイート要素の名前。測定ラベルが指定されている場合、Name に山かっこで区切った測定値ラベルが付加されます。
MeasuredValue測定の値。実験では、この列に MeasuredTime などのより具体的な名前を付けることができます。
Timestamp測定値が収集される時間。
Host測定値が収集されるマシン名。
Platform測定値の収集で使用されるプラットフォーム アーキテクチャ。
Versionテストで使用される MATLAB バージョン。
RunIdentifier測定実行の一意の識別子。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private
Dependent
true
NonCopyable
true

データ型: table

ウォームアップ測定を含むすべてのテスト アクティビティについての情報。テーブルとして返されます。このテーブルは、デバッグ中またはより綿密なデータ解析の実行時など、すべてのデータが必要な場合に役立ちます。TestActivity テーブルには、Samples で説明された列に加え、以下の列が含まれます。

列名説明
Passedテストがパスしたかどうかを示す論理値
Failedテストが失敗したかどうかを示す論理値
Incompleteテストの実行が不完全であるかどうかを示す論理値
Objective測定のタイプを示す、sample または warmup の categorical 値
TestResult機能テストから得た TestResult オブジェクト

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private
Dependent
true
NonCopyable
true

データ型: table

メソッド

すべて展開する

R2019a で導入