ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Fortran MEX API

このライブラリを使用して、MATLAB® 環境での操作を Fortran MEX ファイルから実行

Fortran プログラムで subroutine を使用するように、MEX ファイルで mexFunction を使用します。MATLAB 関数を呼び出すには、mexCallMATLAB または mexEvalString を使用します。MEX ファイルと MATLAB ワークスペース間でデータを渡すには、関数 mexGet* および関数 mexSet* を使用します。

mexFunctionFortran MEX 関数へのエントリ ポイント
mexFunctionName現在の MEX 関数の名前
mexAtExitMEX 関数のクリア時または MATLAB の終了時に呼び出す関数を登録
mexCallMATLABMATLAB 関数、ユーザー定義関数または MEX ファイルの呼び出し
mexCallMATLABWithTrapMATLAB 関数、ユーザー定義関数、または MEX ファイルの呼び出しとエラー情報の取得
mexEvalString呼び出し側ワークスペース内での MATLAB コマンドの実行
mexEvalStringWithTrap呼び出し側のワークスペースで MATLAB コマンドを実行し、エラー情報を取得する
mexGetVariable指定されたワークスペースからの変数のコピー
mexGetVariablePtr別のワークスペースからの変数への読み取り専用ポインター
mexPutVariableMEX 関数から指定されたワークスペースへの配列
mexPrintfANSI C PRINTF スタイル出力ルーチン
mexErrMsgIdAndTxt識別子と共にエラー メッセージを表示し、MATLAB プロンプトに戻る
mexWarnMsgIdAndTxt識別子を含む警告メッセージ
mexIsLockedMEX ファイルがロックされているかどうかを判別
mexLockメモリからの MEX ファイルのクリアを防ぐ
mexUnlockメモリからの MEX ファイルのクリアを許可する
mexMakeArrayPersistentMEX ファイルの完了後も配列を存続させる
mexMakeMemoryPersistentMEX 関数の完了後に MATLAB ソフトウェアが割り当てたメモリを存続させる