ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Fortran ソース MEX ファイル

MATLAB® API ライブラリを使用した Fortran サブルーチンの記述

MEX ファイルを使用すると、MATLAB から Fortran サブルーチンを呼び出すことができます。MEX ファイルを作成するには、以下が必要です。

C/C++ MEX ファイルの記述の詳細は、C ソース MEX ファイルを参照してください。

loadlibrary および calllib コマンドを使用して関数を共有ライブラリで呼び出す方法の詳細については、C ライブラリを参照してください。

Fortran コードを使用した S-Function の記述については、Simulink® ドキュメンテーションを参照してください。

MEX ファイルは、すべてのアプリケーションに適しているわけではありません。MATLAB は、Fortran などのコンパイル型言語による時間のかかる低水準プログラミングの排除を専門とする、高度な生産性の環境です。通常、プログラミングは MATLAB で行ってください。アプリケーションで必要な場合を除き、MEX ファイルは使用しないでください。

トピック

Fortran ソース MEX ファイルの作成

この例では、MATLAB 行列を使用して MATLAB で Fortran サブルーチン timestwo を呼び出す MEX ファイルの作成方法を説明します。

MEX 関数のソース コード例の表

以下の表は、MEX 関数の例のソース コードにリンクしています。

複素数 Fortran データの処理

この例では、インターリーブされた複素数 Fortran 行列 API を使用して複素数データを MEX ファイルに渡す方法を示します。

ユーザー メッセージ

MATLAB コマンド ウィンドウにテキストを出力するには、関数 mexPrintf を使用します。

エラー処理

関数 mexErrMsgIdAndTxt はエラー情報を出力し、バイナリ MEX ファイルを終了します。

Fortran MEX ファイルのコンポーネント

"ゲートウェイ ルーチン" は、MEX ファイルへのエントリ ポイントです。

MATLAB Fortran API ライブラリ

行列ライブラリおよび MEX ライブラリでは、MATLAB プログラムや MATLAB ワークスペース内のデータと対話するゲートウェイ ルーチンおよび計算ルーチンで使用できる関数について説明します。

Fortran MEX ファイルでのデータ フロー

MEX ファイル myFunction に 2 つの入力引数と 1 つの出力引数が含まれているとします。

メモリ管理

MEX 関数から MATLAB に制御が戻るとき、左辺の引数 plhs[] に含まれる出力引数 mxArray に計算の結果が返されます。

大規模な mxArray の処理

64 ビット プラットフォームでビルドされたバイナリ MEX ファイルでは、64 ビット mxArray を処理できます。

インターリーブされた複素数 API を使用するように MEX ファイルをアップグレード

MATLAB Version 9.4 (R2018a) では、インターリーブされた複素数表現をサポートします。