Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

関数

入力を受け入れ出力を返すプログラム

スクリプトと関数のどちらでも、プログラム ファイルに格納することでコマンドのシーケンスを再利用できます。関数はさらに高い柔軟性を提供します。その主な理由は、入力値を渡して出力値を返すことができるからです。また、関数は一時変数をベース ワークスペースに保存しないため、スクリプトよりも高速に実行できます。詳細については、関数のファイルでの作成を参照してください。