ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

createMask

パッケージ: images.roi

ROI からのバイナリ マスク イメージの作成

説明

bw = createMask(ROI)true に設定された ROI 内部のピクセルと false に設定された ROI 外部のピクセルから成るバイナリ マスク イメージを返します。

bw = createMask(ROI,m,n) はサイズが [m,n] のバイナリ マスク イメージを返します。

bw = createMask(ROI,I) はイメージ I のサイズのバイナリ マスク イメージを返します。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取って表示します。

I = imread('pears.png');
imshow(I)

Center パラメーターを使用して楕円の位置を指定し、SemiAxes パラメーターを使用して楕円の形状を指定して、イメージ上に楕円 ROI を描画します。また、この例では楕円のエッジがストライプ状のラインになるように指定しています。

h = drawellipse('Center',[447 204],'SemiAxes',[78 72], ...
    'RotationAngle',287,'StripeColor','m');

ROI からバイナリ マスクを取得します。ROI 内部のピクセルは true で、ROI の外部のピクセルは false です。マスクを表示します。

mask = createMask(h);
imshow(mask)

入力引数

すべて折りたたむ

マスク イメージの行の次元。正の整数を指定します。

マスク イメージの列の次元。正の整数を指定します。

入力イメージ。数値配列として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

バイナリ マスク イメージ。logical 配列として返されます。

データ型: logical

ヒント

  • ROI オブジェクトに関連付けられたイメージのサイズと一致しないマスク サイズを指定した場合、createMask は指定されたサイズになるようにマスクをトリミングまたはゼロ パディングします。ROI オブジェクトに関連付けられたイメージは ROI.Parent.Children(2,1).CData です。

R2018b で導入