ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bwpropfilt

バイナリ イメージからプロパティを使用してオブジェクトを抽出

構文

BW2 = bwpropfilt(BW,attrib,range)
BW2 = bwpropfilt(BW,attrib,n)
BW2 = bwpropfilt(BW,attrib,n,keep)
BW2 = bwpropfilt(BW,I,attrib,___)
BW2 = bwpropfilt(BW,___, conn)

説明

BW2 = bwpropfilt(BW,attrib,range) はバイナリ イメージ BW から、attribrange で指定された抽出条件を満たすすべての連結要素 (オブジェクト) を抽出します。attrib は面積など、オブジェクトの特定のプロパティを識別する文字ベクトルです。range はプロパティ値の範囲 (最小値と最大値) を指定する 1 行 2 列の行ベクトルです。bwpropfilt は、抽出条件を満たすオブジェクトのみを含むバイナリ イメージ BW2 を返します。

BW2 = bwpropfilt(BW,attrib,n) は指定された attrib プロパティの値に基づいてオブジェクトを並べ替え、大きい方から数えて n 個目までのオブジェクトのみを含むバイナリ イメージを返します。n 番目のオブジェクトが複数ある場合、bwpropfilt は、最初から数えて n 個目までのオブジェクトだけを BW2 に保持します。

BW2 = bwpropfilt(BW,attrib,n,keep)attrib の値に基づいてオブジェクトを並べ替え、keep'largest' (既定の設定) の場合は大きい方から数えて n 個目までの値を保管し、keep'smallest' の場合は小さい方から数えて n 個目までの値を保管します。

BW2 = bwpropfilt(BW,I,attrib,___) はグレースケール イメージ I の強度値と attrib プロパティに基づいてオブジェクトを並べ替えます。

BW2 = bwpropfilt(BW,___, conn) は必要な連結性を指定します。連結性は 4、8 または 0 と 1 からなる 3 行 3 列の行列です。値が 1 の要素は conn の中心要素に対する近傍の位置を定義します。また、conn はその中心要素に関して対称でなければなりません。

すべて折りたたむ

イメージを読み取り、それを表示します。

BW = imread('text.png');
figure
imshow(BW)
title('Original Image')

フィルター処理を使用して、元のイメージ内に存在する穴のない領域のみを含む別のイメージを作成します。 これらの領域のオイラー数プロパティは 1 に等しくなります。フィルター処理されたイメージを表示します。

BW2 = bwpropfilt(BW,'EulerNumber',[1 1]);
figure
imshow(BW2)
title('Regions with Euler Number == 1')

イメージを読み取ります。

BW = imread('text.png');

最大の周囲長をもつ 10 個のオブジェクトをイメージから検出し、フィルター処理されたイメージを表示します。

BW2 = bwpropfilt(BW,'perimeter',10);
figure;
imshow(BW2)
title('Objects with the Largest Perimeters')

入力引数

すべて折りたたむ

フィルター処理されるイメージ。バイナリ イメージとして指定します。

データ型: logical

フィルター条件として指定する属性の名前。以下のいずれかの文字ベクトルとして指定します。これらの属性についての詳細は、関数 regionprops を参照してください。

AreaEulerNumberMinorAxisLength
ConvexAreaExtentOrientation
EccentricityFilledAreaPerimeter
EquivDiameterMajorAxisLengthSolidity

グレースケール イメージを指定する場合、attrib にはさらに以下のいずれかの値を指定できます。

MaxIntensityMeanIntensityMinIntensity

データ型: char

プロパティの最小値と最大値 (等値を含む)。[low high] の形式をもつ 1 行 2 列の数値ベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

イメージに含まれるオブジェクトの連結性。スカラー値 4 または 8、あるいは 01 からなる 3 行 3 列の行列として指定します。 値が 1 の要素は、近傍の位置を、conn (中心要素に対して対称でなければならない) の中心要素に対して相対的に定義します。

データ型: double | logical

返すオブジェクトの数。double 型のスカラーとして指定します。

データ型: double

保持するオブジェクト。'largest' または 'smallest' に指定します。

データ型: char

マーカー イメージ。入力バイナリ イメージと同じサイズのグレースケール イメージとして指定します。グレースケール イメージの強度値によって入力バイナリ イメージ内の領域が定義されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

フィルター処理されたイメージ。BW と同じサイズのバイナリ イメージとして返されます。

R2014b で導入

この情報は役に立ちましたか?