Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

ロジック アナライザー

遷移と状態を経時的に可視化、測定、解析します

説明

ロジック アナライザーは、Simulink®モデルの信号と状態を視覚化し、検査するためのツールです。ロジック アナライザーを使用すると、次のことが可能になります。

  • モデルのデバッグと分析

  • 多くの信号を同時にトレースして相関付ける

  • タイミング違反の検出と分析

  • システム実行のトレース

  • トリガーを使用して信号の変化を検出

キーボード ショートカットについては、 Moreをクリックしてください。

キーボード ショートカット

アクション説明いつ適用されるか
Ctrl + X切り取りウェーブが選択されています
Ctrl+Cコピーウェーブが選択されています
Ctrl + V貼り付けウェーブが選択されています
[削除]削除ウェーブが選択されています
Ctrl+-ズームアウト常時
Shift+Ctrl+-アクティブなカーソルの周囲をズームアウトします常時
Ctrl++ズームイン常時
Shift+Ctrl++アクティブなカーソルの周囲をズームアウトします常時
Shift+Ctrl+C表示をアクティブなカーソルに移動カーソルが表示範囲外の場合
Space完全にズームアウト常時
タブ、右矢印次の移行デジタルフォーマット波形が選択されています
Shift+Tab 、左矢印以前の移行デジタルフォーマット波形が選択されています
Ctrl + Aすべての波を選択常時
上矢印選択した上の波形を選択してくださいウェーブが選択されています
下矢印選択の下の波形を選択してくださいウェーブが選択されています
Ctrl+上矢印選択した波形を上に移動しますウェーブが選択されています
Ctrl+下矢印選択した波形を下に移動しますウェーブが選択されています
Escapeすべての信号の選択を解除しますウェーブが選択されています
Page Upスクロールアップする常時
Page Down下へスクロール常時
Logic Analyzer app

ロジック アナライザー アプリを開く

Simulinkエディター メニューの [シミュレーション] タブで、ロジック アナライザー アプリ ボタンをクリックします。ボタンが表示されない場合は、 Review Results ギャラリーを展開すると、 Signal Logging Resultsの下にロジック アナライザー アプリが見つかります。データ視覚化に関する最新の選択は、Simulinkセッションにわたって保存されます。

参照モデルを視覚化するには、参照モデルからロジック アナライザーを開く必要があります。ロジック アナライザー ツールバーに参照モデルの名前が表示されます。

すべて展開する

ロジック アナライザーは、視覚化するデータを選択するためのいくつかの方法をサポートしています。

  • モデル内の信号を選択します。信号を選択すると、信号線の上に省略記号が表示されます。省略記号の上にマウスを移動してオプションを表示し、 Enable Data Loggingオプションを選択します。

  • モデル内の信号を右クリックして、オプション ダイアログ ボックスを開きます。Log Selected Signalsオプションを選択します。

  • 任意の方法を使用して、モデル内の複数の信号線を選択します。たとえば、 Shiftを使用して複数の行を個別に選択するか、 CTRL+Aを使用してすべての行を一度に選択します。次に、 [Signal]タブで、 [Log Signals]ボタンを選択します。

    Log signals button

ロジック アナライザーでデータを視覚化するには、モデルの信号ログを有効にする必要があります。(ログはデフォルトでオンになっています。)信号ログを有効にするには、ツールストリップからModel Settingsを開き、 Data Import/Exportペインに移動して、 Signal loggingを選択します。

ロジック アナライザー を開くと、ログ用にマークされたすべての信号がリストされます。ロジック アナライザーが開いている間、ウェーブを追加および削除できます。信号を追加および削除してもログは無効になりません。ロジック アナライザーから信号が削除されるだけです。

ロジック アナライザーを開き、波形名をダブルクリックして波形を選択します。次に、 Waveタブから、選択した個々のウェーブに固有のパラメーターを設定します。個々の信号に対して行われた設定は、グローバル設定よりも優先されます。個々の波形パラメーターをグローバル設定に戻すには、 Resetをクリックします。

  1. ロジック アナライザーを開き、波形名をクリックして波形を選択します。

  2. ロジック アナライザー ツールストリップで、 をクリックします。波形はロジック アナライザーから削除されます。

  3. 波形を復元するには、ロジック アナライザー ツールストリップからをクリックします。

    Restored Wavesという名前のディバイダーがチャネルの下部に追加され、削除されたすべてのウェーブがその下に配置されます。

  1. ロジック アナライザーを開き、 Triggerタブを選択します。

  2. トリガーに信号を付加するには、 Attach Signalsを選択し、トリガーしたい信号を選択します。トリガーには最大 20 個の信号を接続できます。各信号にはトリガー条件を 1 つだけ設定できます。

  3. デフォルトでは、トリガーは接続された信号の立ち上がりエッジを探します。立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジ、ビット シーケンス、または比較値を検索するようにトリガーを設定できます。トリガー条件を変更するには、 Set Conditionsを選択します。

    複数の信号をトリガーに追加する場合は、 Operatorオプションを使用してトリガー ロジックを制御します。

    • AND - すべての条件に一致します。

    • OR - 任意の条件に一致します。

  4. トリガーする前に表示するサンプルの数を制御するには、 Display Samplesオプションを設定します。たとえば、このオプションを500に設定すると、ロジック アナライザーはトリガーの前に 500 サンプルを提供しようとします。シミュレーションに応じて、ロジック アナライザーはトリガーの前に 500 サンプルより多いまたは少ないサンプルを表示する場合があります。ただし、500 番目のサンプルより前にトリガーが見つかった場合でも、ロジック アナライザーにはトリガーが表示されます。

  5. Display Modeを使用してトリガー モードを制御します。

    • Once - ロジック アナライザーは、トリガー条件に一致する最初の位置のみをマークし、ロジック アナライザーへの更新の表示を停止します。トリガーをリセットしたい場合は、 Rearm Triggerを選択します。現在のシミュレーション時間を基準にして、ロジック アナライザーは次に一致するトリガー イベントを表示します。

    • Auto - ロジック アナライザーは、トリガー条件に一致するすべての位置をマークします。

  6. シミュレーションを実行する前に、 Enable Triggerを選択します。青色のカーソルが時間 0 として表示されます。次に、シミュレーションを実行します。トリガーが見つかると、ロジック アナライザーはその位置をロックされた青いカーソルでマークします。

ロジック アナライザーを使用すると、固定小数点波形と整数波形をビット拡張できます。

  1. ロジック アナライザー で、固定小数点または整数波形の横にある矢印をクリックしてビットを表示します。

    最下位ビットと最上位ビットは、波形名の横にlsbおよびmsbとマークされています。

  2. 「設定」をクリックし、 「Display Least Significant bit first」を選択して、表示されるビットの順序を逆にします。

関連する例

制限

ロギング設定

  • 構成パラメーター[データセット データをファイルにログ記録] を有効にすると、ログ データをロジック アナライザにストリーミングできなくなります。 (Simulink)

  • Simulink.sdi.markSignalForStreaming (Simulink)を使用してログ用にマークされた信号、またはDashboard Scope (Simulink)で視覚化された信号は、ロジック アナライザーには表示されません。

  • Data Store Memory (Simulink)パラメーターを on に設定すると、ロジック アナライザーでLog data store data ブロック信号を視覚化できません。

入力信号の制限

  • ロジック アナライザーのログとしてマークされた信号のサンプル数は、シミュレーション ステップごとに 8000 未満である必要があります。

  • ロジック アナライザーはフレームベースの処理をサポートしていません。

  • 64 ビット整数および 53 ビットを超える固定小数点数の場合、数値が倍精度の最大値より大きい場合、数値間の遷移が正しく表示されない可能性があります。

  • 大規模な行列 (500 要素を超える) や 1000 を超える信号を含むバスでは、ロジック アナライザーのパフォーマンスが低下する場合があります。

  • ロジック アナライザー アプリは、 Stateflowデータ出力をサポートしていません。

  • ロジック アナライザー アプリでは、 InfおよびNaNの値の波形は表示されません。

グラフィカル設定

  • シミュレーションの実行中は、トリガーをズーム、パン、または変更することはできません。

  • 一定の信号を視覚化するには、設定でFormatDigitalに設定する必要があります。ログ記録用にマークされた定数は、連続的な遷移として視覚化されます。

モードサポートあり注意事項と制限事項

ノーマル

はい

 

アクセラレータ

はい

ロジック アナライザーを使用して、 Simulation modeModel (Simulink)Acceleratorに設定されている Model (Simulink) ブロックの信号を視覚化することはできません。

ラピッド アクセラレータ

はい

シミュレーション中はロジック アナライザーでデータを利用できません。

シミュレーション モードをラピッド アクセラレータに設定してモデルをシミュレーションする場合、シミュレーション後に次の信号をロジック アナライザーで視覚化できません。

  • マルチインスタンス モデルの参照信号

  • 非バーチャルバス信号

プロセッサインザループ (PIL)

いいえ

 

ソフトウェアインザループ (SIL)

いいえ

 

外部

いいえ

 

これらのモードの詳細については、 「 アクセラレータ モードの動作 (Simulink) 」を参照してください。

バージョン履歴

R2016b で導入