Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ロジック アナライザーでの Stateflow ステートの表示

ロジック アナライザー アプリを使用して、経時的な遷移とステートを可視化および測定します。ロジック アナライザーでは、以下の情報を可視化できます。

  • リーフ チャート アクティビティ

  • 子チャート アクティビティ

  • 子ステート アクティビティ

  • 自己ステート アクティビティ

  • リーフ ステート アクティビティ

ロジック アナライザーを使用すると、経時的な出力を測定でき、また指定したイベントでの出力値を特定するためのトリガーを追加できます。

メモ

ロジック アナライザーを使用するには、DSP System Toolbox™ または SoC Blockset™ のライセンスがなければなりません。

このチュートリアルを進めるには、sf_car モデルを開きます。このモデルでは、エンジンの動作、ギア ステート、車両速度を可視化できます。

Model diagram for the sf_car model.

ログに記録する信号とステートの追加

ロジック アナライザーで信号を表示するには、ログに記録する信号またはステートをマークしなければなりません。

  1. shift_logic チャートを開きます。

  2. gear_logic ステートを選択します。

  3. ツール バーで、[シミュレーション] タブの [子アクティビティのログ記録] をクリックします。

    ログ バッジ がステートの隅に表示されます。

  4. Simulink® キャンバスに戻ります。vehicle speed 信号をクリックし、[信号] タブで [信号のログ] ボタンを選択します。

    .

  5. transmission speed および Engine RPM 信号についてステップ 4 を繰り返します。

    これらの信号の上にログ バッジが表示されます。

ログに記録された出力のロジック アナライザーでの表示

  1. Simulink の [シミュレーション] タブで、[結果の確認] アプリ ライブラリを開き、ロジック アナライザーを選択します。logic analyzer button

  2. シミュレーションを実行するには、[ロジック アナライザー] ウィンドウで、[実行] ボタンを選択します。

    Simulation output as displayed in the Logic Analyzer

  3. 黄色のカーソルを出力内の別の点にドラッグし、別の信号値を表示します。車両のギア チェンジによるエンジン RPM の反応を表示できます。

参考

(DSP System Toolbox)

関連するトピック