Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

ロジック アナライザーでの Stateflow ステートの表示

ロジック アナライザー (DSP System Toolbox)を使用して、経時的な遷移とステートを可視化および測定します。ロジック アナライザーでは、以下の情報を可視化できます。

  • チャートからの出力データ

  • チャートの子ステート アクティビティおよびリーフ ステート アクティビティ

  • ステートの自己ステート アクティビティ、子ステート アクティビティおよびリーフ ステート アクティビティ

経時的な出力を測定でき、また指定したイベントでの出力値を特定するためのトリガーを追加できます。

メモ

ロジック アナライザーを使用するには、DSP System Toolbox™、SoC Blockset™、または HDL Verifier™ がなければなりません。

ログに記録する信号とステートの追加

この例では、ロジック アナライザーを使用して、モデル sf_car 内のエンジン RPM の動作、トランスミッション速度と車両速度、ギア ステートを可視化します。

  1. モデル sf_car を開きます。

    openExample("stateflow/AutomaticTransmissionWithActiveStateDataExample")

    Model diagram for the sf_car model.

  2. Simulink® エディターで、engine RPM 信号をクリックします。次に、[シミュレーション] タブで [信号のログ] を選択します。

    Logging badge on the output signal engine RPM.

    ログ バッジ が信号の上に表示され、モデルを実行するとこの信号からのデータがログ記録されることを示します。

  3. transmission speed 信号と vehicle speed 信号について前の手順を繰り返します。

  4. ブロックの左下隅にある矢印をクリックして shift_logic チャートを開きます。

    Stateflow chart shift_logic in the model sf_car.

  5. ステート gear_state を選択します。次に、[シミュレーション] タブで [子アクティビティのログ記録] をクリックします。ログ バッジ がステートの隅に表示されます。

ログに記録された出力のロジック アナライザーでの表示

  1. モデルのシミュレーションを実行します。

  2. [シミュレーション] タブで、[結果の確認] にある [ロジック アナライザー] を選択します。モデルをシミュレートすると、アイコンが強調表示されて、ロジック アナライザーに新しいシミュレーション データがあることが示されます。

  3. [ロジック アナライザー] ウィンドウで、黄色のカーソルをドラッグし、シミュレーションにおける別の点での信号値を表示します。たとえば、車両のギア チェンジによるエンジン RPM の反応を表示できます。詳細については、Inspect and Measure Transitions Using the Logic Analyzer (DSP System Toolbox)を参照してください。

    Simulation output as displayed in the Logic Analyzer

参考

(DSP System Toolbox)

関連するトピック