Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シミュレーション データ インスペクターを使用したステート アクティビティの表示

シミュレーション データ インスペクターを使用して、Simulink® モデルの Stateflow® チャートのステート アクティビティおよびデータのログを記録できます。シミュレーション データ インスペクターを使用すると、以下を表示して比較できます。

  • チャートからのデータ

  • リーフ チャート アクティビティ

  • 子チャート アクティビティ

  • 子ステート アクティビティ

  • 自己ステート アクティビティ

  • リーフ ステート アクティビティ

Stateflow からのシミュレーション データ インスペクターのログ記録

この演習では、シミュレーション データ インスペクターを使用して、モデル sf_car 内にある Stateflow チャートのアクティブ ステートの出力を監視します。

シミュレーション データ インスペクターを使用して信号をログに記録するには、記録する信号線を強調表示します。gear 信号を右クリックし、コンテキスト メニューから [選択した信号のログ] を選択します。ログ バッジが gear 信号の隣に表示され、モデルを実行するとこの信号からのデータがログ記録されることを示します。

ログ バッジ は、モデル内でログ記録される信号を示します。

gear_state からのアクティブ ステート データをログに記録するには、次を行います。

  1. Stateflow チャートを開きます。

  2. gear_state を選択するには、[gear_state] をクリックします。

  3. Simulink エディターのツール バーで、[シミュレーション] タブの [子アクティビティのログ記録] をクリックします。

ログの対象としてマークされた信号で 1 回以上シミュレーションを実行した後、Simulink エディター ツール バーの [シミュレーション データ インスペクター] ボタン をクリックしてデータを表示します。複数の実行が [検査] ペインに表示されます。これらをまとめて確認できます。プロットする信号を選択するには、信号名の隣のチェック ボックスを使用します。

関連するトピック