Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サポートされているブロックとデータ型設定に関するガイドライン

HDL コード生成におけるサポートされているブロックとデータ型に関する考慮事項

HDL モデリング ガイドラインは、HDL Coder™ でのコード生成用の Simulink® モデル、MATLAB Function ブロック、および Stateflow® チャートの作成に関する推奨ガイドラインです。サポートされているブロックとデータ型に関するガイドラインには、HDL Coder ブロック ライブラリのさまざまなブロックの使用とサポートされるデータ型についてのガイドラインが含まれます。

トピック

ガイドラインと重大度レベルのリスト

サポートされるブロックとデータ型に関するガイドライン - 番号付きリスト

サポートされるブロックとデータ型に関するガイドラインをガイドライン ID の順に昇順に示したリスト。

HDL モデリング ガイドラインの重大度レベル

HDL モデリング ガイドラインに関連付けられている各種の重大度レベルとその説明。

HDL Coder ライブラリのブロックに関するガイドライン (ガイドライン ID 2.1 - 2.7)

RAM ブロックや HDL Operations ライブラリのブロックを設計する際の考慮事項

HDL RAM ライブラリと HDL Operations ライブラリでブロックを使用する方法。

Logic and Bit Operations ライブラリでのブロックの使用方法

論理演算とビット演算を実行するさまざまなブロックおよびそれらの使用方法。

ルックアップ テーブルから FPGA ブロック RAM を生成する

Lookup Table ブロックをブロック RAM にマッピングする方法

さまざまなサブシステム タイプの使用方法

さまざまなサブシステム タイプとその使用方法のガイドライン。

レート変更ブロックと Constant ブロックの使用方法

レート変換を実行するブロックと Constant ブロックを効率的に使用する方法。

HDL コード生成での Delays ブロックと Goto ブロックおよび From ブロックの使用に関するガイドライン

レジスタとして推定される Delay ブロックの推奨される使用方法。

FPGA ターゲットの効率的な乗算演算と除算演算のモデル化

DSP マッピングの高速除算演算および乗算器と加算器ブロックのモデル化。

MATLAB Function ブロックおよび Stateflow チャートに関するガイドライン (ガイドライン ID2.8 - 2.9)

HDL コード生成の MATLAB Function ブロック内での永続変数および fi オブジェクトの使用

MATLAB® コード内に永続変数を含む MATLAB Function ブロックの推奨される使用方法。

Stateflow チャートを使用した HDL コード生成に関するガイドライン

HDL コード生成での Stateflow チャートの推奨される使用方法

データ型に関するガイドライン (ガイドライン ID 2.10)

Simulink データ型の考慮事項

Simulink でのモデル化時のデータ型設定についての高水準の推奨事項。