Main Content

Single Port RAM System

初期値を指定できる hdl.RAM System object に基づく Single Port RAM ブロック

  • ライブラリ:
  • HDL Coder / HDL RAMs

  • Single Port RAM System block

説明

これらのブロックは、hdl.RAM System object™ を使用する MATLAB System ブロックです。RAM タイプを Dual portSimple dual port、または Single port として指定できます。シミュレーション動作については、Single Port RAM System ブロックは Single Port RAM と同様の動作になります。

MATLAB System ブロック実装を使用すると、以下が可能です。

  • RAM の初期値を指定できます。[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで、[Specify the RAM initial value] の値を入力します。

  • これらのブロックを Simulink® モデル内で使用すると、より高速なシミュレーション結果が得られます。

  • ベクトル データの使用時に hdl.RAM System object の機能を利用して並列 RAM バンクを作成できます。

  • 大規模なデータ メモリのパフォーマンスとサポートが向上します。

制限

  • ブロックでは boolean 入力はサポートされません。ブロックへの入力については、すべての boolean 型を ufix1 にキャストします。

  • RAM の FPGA ビットストリームを作成する場合、RAM の内容はグローバルなリセット ロジックでリセットされません。RAM をリセットするには、必ずリセット ロジックを実装してください。

  • RAM アドレスは fixed-point (fi) または integer のいずれかで、符号なしの 231 ビット長でなければなりません。

端子

入力

すべて展開する

wrEn が true の場合に RAM のメモリ位置に書き込むデータ。この値は doublesingleinteger、または fixed-point (fi) オブジェクトのいずれかで、実数または複素数にできます。

データ型: single | double | int8 | int16 | uint8 | uint16 | fixed point

wrEn が true の場合にデータを書き込むアドレス。wrEn が false であれば、RAM のメモリ位置 [addr] から値が読み取られます。この値は fixed-point (fi) または integer のいずれかで、符号なしの 231 ビット長でなければなりません。

依存関係

この端子を有効にするには、[Specify the type of RAM] パラメーターを [Single port] に設定します。

データ型: uint8 | uint16 | fixed point

wrEn が true の場合、RAM の指定したメモリ位置にデータが書き込まれます。[Specify the type of RAM][Single port] に設定した場合、wrEn が false であれば、RAM のメモリ位置 addr から値が読み取られます。

データ型: Boolean

出力

すべて展開する

wrEn が false のときに RAM のメモリ位置 addr から読み取られた出力データ。

依存関係

この端子を有効にするには、[Specify the type of RAM] パラメーターを [Single port] に設定します。

パラメーター

すべて展開する

RAM のタイプ。次のいずれかとして指定します。

  • Single port — Single Port RAM を作成します。入力は書き込みデータ、アドレス、および書き込みイネーブル、出力は読み取りデータです。

  • Simple dual port — Simple Dual Port RAM を作成します。入力は書き込みデータ、書き込みアドレス、書き込みイネーブル、および読み取りアドレス、出力は読み取りアドレスからのデータです。

  • Dual port — Dual Port RAM を作成します。入力は書き込みデータ、書き込みアドレス、書き込みイネーブル、および読み取りアドレス、出力は読み取りアドレスと書き込みアドレスからのデータです。

指定した RAM タイプに基づいて、ブロックの入力端子と出力端子がコード ジェネレーターによって動的に構成されます。

出力の書き込み動作。次のいずれかとして指定します。

  • 'New data' — アドレスの新しいデータを出力に送ります。

  • Old data' — アドレスの古いデータを出力に送ります。

System object の最初のシミュレーション出力。次のいずれかとして指定します。

  • スカラー値。

  • 初期値と RAM ワードが 1 対 1 でマッピングされたベクトル。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2017b で導入