最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.checkGpuInstall

GPU コード生成環境の検証

説明

results = coder.checkGpuInstall(cfg) は、GPU コード生成に必要なすべてのサードパーティ製ツールおよびライブラリが環境にあるかどうかを検証するためのチェックを実行します。cfgcoder.gpuEnvConfig オブジェクトでなければなりません。この関数は、与えられた構成オブジェクトで指定されたプロパティに基づいて GPU コード生成環境を検証します。

同じチェックを実行する同等の GUI ベースのアプリケーションを使用することもできます。このアプリケーションはコマンド coder.checkGpuInstallApp を使用して起動できます。

すべて折りたたむ

GPU コード生成に必要なすべてのサードパーティ製ツールの完全なチェックを実行します。以下に示す出力は代表的なものです。実際の結果は異なる可能性があります。

gpuEnvObj = coder.gpuEnvConfig;
gpuEnvObj.GpuId = 1;
gpuEnvObj.BasicCodegen = 1;
gpuEnvObj.BasicCodeexec = 1;
results = coder.checkGpuInstall(gpuEnvObj)
Compatible GPU           : PASSED 
CUDA Environment         : PASSED 
	Runtime   : PASSED 
	cuFFT     : PASSED 
	cuSOLVER  : PASSED 
	cuBLAS    : PASSED 
Basic Code Generation    : PASSED 
Basic Code Execution     : PASSED 

results = 

  struct with fields:

                 gpu: 1
                cuda: 1
               cudnn: 0
            tensorrt: 0
        basiccodegen: 1
       basiccodeexec: 1
         deepcodegen: 0
        deepcodeexec: 0
    tensorrtdatatype: 0
           profiling: 0

入力引数

すべて折りたたむ

coder.gpuEnvConfig オブジェクトには、GPU コード生成環境を検証するために coder.checkGpuInstall により使用される構成パラメーターが含まれています。

出力引数

すべて折りたたむ

GPU コード生成環境をチェックした結果が 11 列の構造体として返されます。

R2017b で導入