最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GPU Coder

MATLAB コードからの GPU コードの生成

説明

GPU Coder アプリは MATLAB® コードから CUDA® C コードを生成します。以下を生成できます。

  • MATLAB 以外の既存の CUDA C アプリケーションに組み込むことができる CUDA C ソース コード、スタティック ライブラリ、ダイナミック リンク ライブラリ、実行可能ファイル。

  • MATLAB 関数が高速化されたバージョンの MEX 関数。

ワークフローに基づくユーザー インターフェイスにより、コード生成プロセスを進めることができます。このアプリを使用して以下ができます。

  • プロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを開きます。プロジェクトでは入力ファイル、エントリポイント関数の入力の型、およびビルド構成を指定します。

  • サポートされていない関数を含め、コード生成準備状態の問題を確認します。

  • MATLAB 関数の実行時の問題をチェックします。

  • 統合されたエディターを使用して MATLAB コードの問題を修正します。

  • 倍精度の MATLAB コードを単精度の C コードに変換します (Fixed-Point Designer™ のライセンスが必要です)。

  • 静的コード メトリクスを表示します。

  • ソフトウェアインザループ実行を使用して、生成コードの数値的な動作を検証します (Embedded Coder® のライセンスが必要です)。

  • MATLAB スクリプトの形式でプロジェクト設定をエクスポートします。

  • 生成されたファイルにアクセスします。

  • 生成されたファイルを MATLAB 以外への配布用に単一の zip ファイルにパッケージ化します。

このアプリは MATLAB オンラインでサポートされていません。

GPU Coder アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブの [コード生成] にあるアプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド ウィンドウ: gpucoder と入力します。

プログラムによる使用

参考

アプリ

関数

R2017b で導入