Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

gpucoder

GPU Coder アプリを開く

説明

gpucoder は GPU Coder™ アプリを開きます。プロジェクトを作成するには、[ソース ファイルの選択] ページでエントリポイント ファイル名を指定します。アプリにより、最初のエントリポイント ファイル名が既定の名前として使用されたプロジェクトが作成されます。既存のプロジェクトを開くには、 をクリックし、[既存のプロジェクトを開く] を選択します。

Embedded Coder® 製品がインストールされている場合、プロジェクトを作成する際にアプリによって Embedded Coder 機能が有効にされます。Embedded Coder 機能を無効にするには、プロジェクトのビルド設定で、[すべての設定] タブの [詳細設定] にある [Embedded Coder 機能の使用][いいえ] に設定します。

gpucoder projectname または gpucoder -open projectname は、GPU Coder アプリを使用して projectname.prj という名前の既存のプロジェクトを開きます。

gpucoder -new projectname は、projectname.prj という名前の GPU Coder プロジェクトを作成し、GPU Coder アプリを開きます。Embedded Coder 製品がインストールされている場合、プロジェクトを作成する際にアプリによって Embedded Coder 機能が有効にされます。

gpucoder -ecoder false -new projectname は、projectname.prj という名前のプロジェクトを作成して GPU Coder アプリを開きます。アプリは、Embedded Coder 製品がインストールされている場合でも、Embedded Coder 機能を無効にしたプロジェクトを作成します。

gpucoder -build projectname は、projectname.prj という名前の既存のプロジェクトをビルドします。

gpucoder -tocode projectname -script scriptname は、projectname.prj のプロジェクト設定に相当する MATLAB® コマンドを含む scriptname.m という名前のスクリプトを作成します。

scriptname.m が存在する場合、gpucoder はそれを上書きします。このスクリプトは以下を行います。

  • プロジェクトのビルド構成を含む cfg という名前の構成オブジェクトを作成します。

  • 関数の入力の型用に変数 ARGS を定義します。

  • グローバル データの初期値用に変数 GLOBALS を定義します。

  • codegen コマンドを実行します。スクリプトの実行時、codegen の引数であるエントリポイント関数は検索パス上になければなりません。

cfgARGS、および GLOBALS はスクリプトの実行後にのみベース ワークスペースに表示されます。

gpucoder -tocode projectname は、projectname.prj という名前の既存のプロジェクトを同等の MATLAB コマンドのリストへと変換し、それらをコマンド ウィンドウに書き込みます。

すべて折りたたむ

myGPU_project.prj という GPU Coder プロジェクトを myGPU_script.m という MATLAB スクリプトに変換します。

coder -tocode myGPU_project -script myGPU_script.m

入力引数

すべて折りたたむ

作成、開く、またはビルドする GPU Coder プロジェクトの名前です。プロジェクト名にスペースが含まれてはなりません。

-script オプションと共に -tocode オプションを使用するときに作成するスクリプトの名前です。スクリプト名にスペースが含まれてはなりません。

R2017b で導入