ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getenv

説明

value = getenv(name) は、オペレーティング システムの環境変数リストから name=value 形式のテキストを検索します。

UNIX® プラットフォームでは、MATLAB® を起動するために使用するシェルによってオペレーティング システム環境が決まります。たとえば、Mac プラットフォームで Applications フォルダーから MATLAB を起動すると、ターミナルから MATLAB を起動するときとは異なるシェル環境が作成されます。

すべて折りたたむ

res = getenv('SYSTEMROOT')
res = 'C:\windows'

入力引数

すべて折りたたむ

環境変数の名前。string または文字ベクトルとして指定します。

例: 'PATH'

出力引数

すべて折りたたむ

環境変数の値。文字ベクトルとして返されます。name が見つからない場合、MATLAB は空の行列を返します。

参考

| | | |

R2006a より前に導入