Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

高速化された実行ファイルの作成

コンパイル済みコード作成と機能性

関数

fiaccel固定小数点コードの高速化と浮動小数点 MATLAB コードの固定小数点 MATLAB コードへの変換
coder.allowpcode保護された MATLAB ファイルからのコード生成の制御
coder.const生成コードでの定数への式の畳み込み
coder.extrinsic外部関数の宣言
coder.inline生成コードにおけるインライン化の制御
coder.loadMAT ファイルまたは ASCII ファイルから、呼び出し側ワークスペースにコンパイル時の定数を読み込む
coder.newtypecoder.Type オブジェクトの作成
coder.nullcopyコード生成での初期化されていない変数の宣言
coder.resizecoder.Type オブジェクトのサイズ変更
coder.targetコード生成ターゲットが指定されたターゲットかどうかを判別
coder.typeofエントリポイント関数の入力の型を表す coder.Type オブジェクトを作成
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開
coder.varsize可変サイズのデータの宣言
coder.mexconfigコード高速化のための構成オブジェクト

クラス

coder.ArrayTypeMATLAB 配列のセットを表す
coder.Constant1 つの MATLAB 値を含むセットを表す
coder.EnumTypeMATLAB 列挙のセットを表す
coder.FiTypeMATLAB 固定小数点配列のセットを表す
coder.PrimitiveTypelogical 値、数値または文字の配列のセットを表す
coder.StructTypeMATLAB 構造体配列のセットを表す
coder.TypeMATLAB 値のセットを表す
coder.MexConfigfiaccel と併用するコード高速化のための構成オブジェクト

例および操作のヒント

fiaccel を使用したコードの高速化

コンパイル済み C コード MEX 関数の生成による固定小数点コードの高速化

可変サイズ データのコードの高速化

Fixed-Point Designer が可変サイズ データを処理する方法の説明。

グローバル データを含むコードからの C コードの生成

グローバル データを使用する関数のコンパイル方法とグローバル データを MATLAB と同期する方法の説明。

生成するエントリポイント関数の入力引数または出力引数の数の指定

生成されたエントリポイント関数内の引数の数を制御します。

概念

実行時チェックの制御

実行時チェックを使用する方法および理由の説明。