Main Content

coder.ArrayType クラス

パッケージ: coder
スーパークラス: coder.Type

入力仕様に対して許容される MATLAB 配列のセットを表す

説明

coder.ArrayType クラスのオブジェクトは、生成されたコードが受け入れる配列タイプを指定します。このクラスのオブジェクトは、関数 fiaccel-args オプションでのみ使用します。生成された MEX 関数に入力として渡さないでください。

作成

メモ

coder.Type オブジェクトの作成と編集は、コード生成の型エディターを使用して対話形式で行うことができます。コード生成の型エディターを使用した入力の型の作成と編集を参照してください。

coder.ArrayType は、抽象クラスです。このクラスのインスタンスは直接作成できません。このクラスから派生する coder.EnumTypecoder.FiTypecoder.PrimitiveType および coder.StructType オブジェクトは作成できます。

プロパティ

すべて展開する

値クラス名。次のクラス オブジェクト名のいずれかとして指定します。

  • coder.EnumType

  • coder.FiType

  • coder.PrimitiveType

  • coder.StructType

配列サイズの上限。正の整数として指定します。

配列の各次元が可変サイズかどうかを指定するオプション。boolean ベクトルとして指定します。値 1 は次元が可変サイズであることを示します。値 0 は次元が固定サイズであることを示します。

バージョン履歴

R2011a で導入