このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

入力仕様

入力タイプ、サイズ、可変サイズ、実数/複素数、定数、グローバル変数

関数

coder.typeofエントリポイント関数の入力の型を表す coder.Type オブジェクトを作成
coder.resizecoder.Type オブジェクトのサイズ変更
coder.newtypecoder.Type オブジェクトの作成
coder.varsize可変サイズのデータの宣言
coderTypeEditor[コード生成の型エディター] ダイアログを起動

クラス

coder.ArrayTypeMATLAB 配列のセットを表す
coder.CellTypeMATLAB cell 配列のセットを表す
coder.ClassTypeMATLAB クラスのセットを表します。
coder.Constant1 つの MATLAB 値を含むセットを表す
coder.EnumTypeMATLAB 列挙のセットを表す
coder.FiTypeMATLAB 固定小数点配列のセットを表す
coder.PrimitiveTypelogical 値、数値または文字の配列のセットを表す
coder.StructTypeMATLAB 構造体配列のセットを表す
coder.TypeMATLAB 値のセットを表す

トピック

エントリポイント関数の入力のプロパティの指定

コード ジェネレーターがすべての変数のプロパティを決定できるように、入力プロパティを指定します。

MATLAB ファイル内でのプログラミングによる入力プロパティの定義

関数 assert を使用した基本関数の入力プロパティの定義。

コード生成の型エディターを使用した入力の型の作成と編集

coder.Type オブジェクトの定義と編集を対話形式で行う。

cell 配列入力の定義

cell 配列の入力方法を選択します。

コマンド ラインでの cell 配列入力の指定

cell 配列の例を示したり、cell 配列型を定義したり、cell 配列定数入力を指定したりします。

コマンド ラインでのグローバル cell 配列の指定

-globals オプションを使用してグローバル cell 配列入力を指定します。

入力としてのオブジェクトの指定

fiaccel -args オプションを使用して、値クラスの入力のタイプを指定します。

string スカラー入力の定義

string スカラー入力を指定する方法を選択します。

グローバル データを含むコードからの C コードの生成

グローバル データを使用する関数のコンパイル方法とグローバル データを MATLAB と同期する方法の説明。

MATLAB ファイル内でのプログラミングによる入力プロパティの定義

関数 assert を使用した基本関数の入力プロパティの定義。