Main Content

coder.PrimitiveType クラス

パッケージ: coder
スーパークラス: coder.ArrayType

入力仕様に対して許容される logical 値、数値、または文字の配列のセットを表す

説明

coder.PrimitiveType のオブジェクトは、生成されたコードが受け入れる logical 値、数値、または文字の値を指定します。サポートされる型は、halfdoublesingleint8uint8int16uint16int32uint32int64uint64char、および logical です。このクラスのオブジェクトは、fiaccel コマンドの -args オプションでのみ使用します。生成された MEX 関数に入力として渡さないでください。

作成

t = coder.typeof(v) は、v を含む最小の非定数型を表す coder.PrimitiveType オブジェクトを作成します。v は MATLAB® の数値、logical 値、または文字でなければなりません。

t = coder.typeof(v,sz,variableDims) は、sz で指定された上限サイズと variableDims で示された可変次元をもつ coder.PrimitiveType オブジェクトを作成します。sz で次元に Inf を指定すると、その次元はサイズの制限のない可変サイズになります。sz[] の場合、v の上限サイズは変化しません。variableDims を指定しないと、この型の制限付き次元は固定になります。variableDims がスカラーの場合、この関数は固定の 1 または 0 でない制限付き次元にこの値を適用します。

t = coder.newtype(numericClass,sz,variableDims) は、上限サイズ szvariableDims で示された可変次元をもつクラス numericClass の値を表す coder.PrimitiveType オブジェクトを作成します。sz で次元に Inf を指定すると、その次元はサイズの制限のない可変サイズになります。variableDims を指定しないと、この型の制限付き次元は固定になります。variableDims がスカラーの場合、この関数は固定の 1 または 0 でない制限付き次元にこの値を適用します。

t = coder.newtype(numericClass,sz,variableDims,Name=Value) は、1 つ以上の名前と値の引数で指定された追加オプションを使用して coder.PrimitiveType オブジェクトを作成します。Name はプロパティの名前で、Value は対応する値です。Name を文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。Name1=Value1,…,NameN=ValueN のように、複数の名前と値の引数を任意の順序で指定できます。

メモ

coder.Type オブジェクトの作成と編集は、コード生成の型エディターを使用して対話形式で行うことができます。コード生成の型エディターを使用した入力の型の作成と編集を参照してください。

入力引数

すべて展開する

入力変数。数値、logical 値、または文字の値として指定します。

型オブジェクトの次元のサイズ。整数のベクトルとして指定します。

各次元が可変サイズかどうかを指定するオプション。boolean ベクトルとして指定します。このベクトルの要素を 1 と指定すると、対応する次元が可変サイズになります。それ以外の場合、次元は固定サイズになります。

プリミティブ クラス型。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に表示されなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前は、名前と値をそれぞれコンマを使って区切り、Name を引用符で囲みます。

複素数値を表現できる coder.PrimitiveType オブジェクトを作成するオプション。数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。

スパース値を表現できる coder.PrimitiveType オブジェクトを作成するオプション。数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。

GPU データ値を表現できる coder.PrimitiveType オブジェクトを作成するオプション。数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。

プロパティ

すべて展開する

複素数値を表現するオプション。0 または 1 として指定します。データ型で複素数がサポートされていなければなりません。文字配列では複素数データはサポートされません。

スパース データを表現するオプション。0 または 1 として指定します。データ型でスパース データがサポートされていなければなりません。文字データ型および半精度データ型ではスパース データはサポートされません。

GPU 入力型を表現するオプション。0 または 1 として指定します。このオプションには GPU Coder™ ライセンスが必要です。型で GPU データがサポートされていなければなりません。文字データ型および半精度データ型では GPU 配列はサポートされません。

すべて折りたたむ

coder.typeof を使用して、入力変数、次元、および可変サイズのフラグを指定します。

z = coder.typeof(0,[2 3 4],[1 1 0]) 
z = 
coder.PrimitiveType
   :2×:3×4 double

    Edit Type Object

coder.PrimitiveType オブジェクトを作成します。

z = coder.typeof(0,[2 3 4],[1 1 0])

z 型の入力パラメーターを 1 つもつ MATLAB 関数のための C ライブラリを生成します。

codegen -config:lib fcn -args {z}

バージョン履歴

R2011a で導入