最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.Constant クラス

パッケージ: coder
スーパークラス: coder.Type

1 つの MATLAB 値を含むセットを表す

説明

coder.Constant オブジェクトを使用して、コードの生成中に定数となる値を定義します。fiaccel -args オプションでのみ使用します。生成された MEX 関数に入力として渡さないでください。

構築

const_type=coder.Constant(v) では、値 v から coder.Constant 型が作成されます。

const_type=coder.newtype('constant', v) では、値 v から coder.Constant 型が作成されます。

入力引数

v

型を作成するのに使用される定数値。

プロパティ

Value

定数の実際の値

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

42 の定数を作成します。

k = coder.Constant(42);

コード生成で使用する新しい定数型を作成します。

k = coder.newtype('constant', 42);

制限

  • スパース行列またはスパース行列を含む構造体、cell 配列、クラスで coder.Constant を使用することはできません。

R2011a で導入