Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

coder.Constant クラス

パッケージ: coder
スーパークラス: coder.Type

コード生成用の定数値の指定

説明

coder.Constant オブジェクトを使用して、コードの生成中に定数となる入力値を定義します。このオブジェクトを fiaccel -args および -globals オプションと共に使用して、それぞれ入力引数とグローバル変数のプロパティを指定します。これを生成された MEX 関数に入力として渡さないでください。

coder.Constant オブジェクトを coder.Type オブジェクトの代わりに使用して、エントリポイント入力またはグローバル変数の特定の定数値を指定できます。

作成

const_type = coder.Constant(v) では、値 v から coder.Constant 型が作成されます。

const_type = coder.newtype('constant', v) では、値 v から coder.Constant 型が作成されます。

メモ

coder.Constant オブジェクトの作成後に、codegen コマンド codegen -globals {'g', coder.Constant(v)} を使用して、値 v をもつ定数のグローバル変数 g を作成できます。

プロパティ

すべて展開する

定数の実際の値また、入力引数の型の構築に使用される入力引数値 v も示します。

ここで、最初の例では、値 v42 として kcodegen に渡されると、対応する入力の型は double と推測されます。同様に、2 番目の例では、値 v42 として kcodegen に渡されると、対応する入力の型は uint8 と推測されます。

例: k = coder.Constant(42);

例: k = coder.Constant(uint8(42));

すべて折りたたむ

k = coder.Constant(42);
k = coder.newtype('constant', 42);

制限

  • スパース行列またはスパース行列を含む構造体、cell 配列、クラスで coder.Constant を使用することはできません。

R2011a で導入