最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

initialplot

初期条件応答をプロットし、プロット ハンドルを返す

構文

initialplot(sys,x0)
initialplot(sys,x0,Tfinal)
initialplot(sys,x0,t)
initialplot(sys1,sys2,...,sysN,x0)
initialplot(sys1,sys2,...,sysN,x0,Tfinal)
initialplot(sys1,sys2,...,sysN,x0,t)
initialplot(AX,...)
initialplot(..., plotoptions)
h = initialplot(...)

説明

initialplot(sys,x0) は、初期状態 x0 をもつ状態空間 (ss) モデル sys の自由応答をプロットします。この応答は、次の方程式によって与えられます。

連続時間: x = A x, y = C x, x(0) = x0

離散時間: x[k+1] = A x[k], y[k] = C x[k], x[0] = x0

時間範囲と計算点数は、自動的に選択されます。initialplot はプロット ハンドル h も返します。getoptionssetoptions コマンドを使ってこのハンドルを使用し、プロットをカスタマイズすることができます。次のように入力すると

help timeoptions 

使用できるプロット オプションの一覧が得られます。

initialplot(sys,x0,Tfinal) は、t = 0 から最終時間 t = Tfinal までの応答をシミュレーションします。システム時間単位で Tfinal を表し、sysTimeUnit プロパティで指定されます。サンプル時間を指定しない離散時間システム (Ts = -1) では、initialplotTfinal を、シミュレートするサンプリング周期の数として解釈します。

initialplot(sys,x0,t) は、シミュレーションのためにユーザーが指定した時間ベクトル t を使用します。システム時間単位で t を表し、sysTimeUnit プロパティで指定されます。離散時間モデルに対して、t0:Ts:Tf の形式です。ここで、Ts はサンプル時間です。連続時間モデルに対して、t0:dt:Tf の形式で与え、ここで、dt は連続システムに対する離散近似のサンプル時間になります (「impulse」を参照してください)。

1 つの図に複数の LTI モデルの初期条件応答をプロットするには、次の構文を使用します。

initialplot(sys1,sys2,...,sysN,x0)

initialplot(sys1,sys2,...,sysN,x0,Tfinal)

initialplot(sys1,sys2,...,sysN,x0,t)

システムごとに次のように、色、ラインスタイル、およびマーカーを指定することもできます。

initialplot(sys1,'r',sys2,'y--',sys3,'gx',x0).

initialplot(AX,...) は、ハンドル AX をもつ座標軸内にプロットします。

initialplot(..., plotoptions) は、plotoptions で指定されたオプションで初期条件応答をプロットします。次のように入力すると

help timeoptions

詳細が得られます。

h = initialplot(...) はシステム応答をプロットし、プロット ハンドル h を返します。

3 次システムの応答を初期条件にプロットし、プロット ハンドルを使用してプロットのタイトルを変更します。

sys = rss(3);
h = initialplot(sys,[1,1,1])
p = getoptions(h); % Get options for plot.
p.Title.String = 'My Title'; % Change title in options.
setoptions(h,p); % Apply options to the plot.

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、プロットをカスタマイズする方法を参照してください。

R2006a より前に導入